クレジットカードを不正使用されたときの対応法

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > こんな情報知ってます? > クレジットカードを不正使用されたときの対応法

クレジットカードを不正使用されたときの対応法

近年、インターネットの通販サイトでのクレジットトラブルが増えています。

インターネット上の多くの通販サイトでは、買い物した場合の決済方法がクレジットカードになっています。

インターネットでのクレジット決済では、消費者はカード番号や暗証番号などを販売業者に送信するだけで終了し、サインによる本人確認が省かれています

電子証明による本人確認が行われることもありますが、全体に浸透しているとはとても言えません。

インターネット上でクレジットカードで買い物をすれば、本人確認がほぼないということですね。

そのため、他人のクレジットカードで不正使用する悪い人がとても多いのです。

また、クレジットカードの情報や暗証番号を送信する際のセキュリティーが甘いと、それらの情報を送信時に盗まれることもあります

こうしたインターネット上のクレジットトラブルは日常茶飯事にあり、いつ自分がトラブルに巻き込まれるかもわからない状況となっています。

仮にトラブルに巻き込まれ、クレジットカード会社から身に覚えのない請求がきた場合には、自分が購入していないことをはっきりと伝えなくてはいけません

身に覚えがなく、自分が使用したのではないクレジットカードの請求については、カードの紛失や管理不足などの過失がなければそれを拒否することができます。

ただ、自分が購入していないことをクレジットカード会社に納得してもらうことが、意外と大変だということは覚えておきましょう。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 【借金を取り消すことも可能】お金を借りる契約も消費者契約法の対象です
  2. 借金をはじめてした時、あなたの年収はいくらでしたか?
  3. 消費者金融で1日にキャッシングされている総額は?なんと!
  4. だまされるな!10%ポイント還元と10%引きならどっちがトク?
  5. 【リボ払いは危険】リボ払いほど高い買い物ははない
  6. クレジットカード会社の儲けの秘密【結局は借金と一緒】
  7. お金を受け取っていない段階では借金契約は成立しない
  8. 勝手に名義を使われてキャッシングされた!支払い義務は誰に?
  9. 【未成年者の借金】親に返済義務はあるか?
  10. 未成年者の借金はあとからでも取り消すことができる