だまされるな!10%ポイント還元と10%引きならどっちがトク?

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > こんな情報知ってます? > だまされるな!10%ポイント還元と10%引きならどっちがトク?

だまされるな!10%ポイント還元と10%引きならどっちがトク?

各カードを利用すると、ポイントがつくことが多いですよね。このポイント還元の特典があるからこそ、カードを利用するようなものだと言う人もいるぐらいです。

では、ここに「10%ポイント還元」のカードがあったとします。それを持って家電量販店に冷蔵庫を買いに行ったとしましょう。

購入を決めた冷蔵庫の値段は10万円です。さてカードで購入しようとしたところ、値札のところに現金購入の場合には「10%引き」と書いてありました。

念のために現金も用意してきましたので、現金で購入することもできます。さて、あなたはどちらで購入しますか?

割引率はカードでも現金でも10%で同じなのだから、後払いになるカードで購入しようと考えた人はいないでしょうか?

カードで購入すると10%引きではなく、10%ポイント還元になります。10%ポイント還元と10%引きでは意味が少し違います。

10%ポイント還元ということは、冷蔵庫10万円に対して1万円分のポイントがつくといことです。つまり、10万円で11万円分の買い物ができるということです

これは、10万円÷11万円=約9.1%引きということです。

一方、現金で買うと10%引きになりますので、現金で購入した方がカードで購入するよりも割引率が良くなるのです。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 【借金を取り消すことも可能】お金を借りる契約も消費者契約法の対象です
  2. 借金をはじめてした時、あなたの年収はいくらでしたか?
  3. 消費者金融で1日にキャッシングされている総額は?なんと!
  4. 【リボ払いは危険】リボ払いほど高い買い物ははない
  5. クレジットカード会社の儲けの秘密【結局は借金と一緒】
  6. お金を受け取っていない段階では借金契約は成立しない
  7. 勝手に名義を使われてキャッシングされた!支払い義務は誰に?
  8. 【未成年者の借金】親に返済義務はあるか?
  9. 未成年者の借金はあとからでも取り消すことができる
  10. 返すアテのない借金は絶対にしてはいけない