【リボ払いは危険】リボ払いほど高い買い物ははない

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > こんな情報知ってます? > 【リボ払いは危険】リボ払いほど高い買い物ははない

【リボ払いは危険】リボ払いほど高い買い物ははない

前から欲しかったブランドバックがありました。しかし、その値段はなんと60万円です。

もう少し値段が下がればと思っていたところに、本日限りのバーゲンセールで50万円となっているのを発見します。

今日買えば10万円安くなります。これはもう買うしかないですよね。

現金の持ち合わせがないので、クレジットカードで購入することにしましたが、来月に50万円の支払いではきついのでリボ払いを選択することにします。

リボ払いは毎月の支払額を設定することができます。とりあえずはそれほど負担にならない1万円を毎月の支払額に設定します。

さて、こういったケースはありますよね。でも、これは大変な間違いを犯しています。どこが間違いなのかわかるでしょうか?


答えは、リボ払いで1万円を選択したことです。

リボ払いの手数料は年率14%から15%になります。50万円をリボ払いで毎月1万円返済していくと、完済までには6年5ヶ月ほどかかります。

つまり、毎月1万円の支払いだと、最終的には1万円×6年5ヶ月=77万円支払うことになります。

50万円の品物を購入するのに、77万円支払うということです。しかも、定価の60万円よりも高いお金で買うことになります

バーゲンで安くなっても、実際には全然高いお金で購入したことになりますよね。

リボ払いや分割払いでは、その品物が持っている価値よりも高い金額で買うことになりますので、注意が必要です

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 【借金を取り消すことも可能】お金を借りる契約も消費者契約法の対象です
  2. 借金をはじめてした時、あなたの年収はいくらでしたか?
  3. 消費者金融で1日にキャッシングされている総額は?なんと!
  4. だまされるな!10%ポイント還元と10%引きならどっちがトク?
  5. クレジットカード会社の儲けの秘密【結局は借金と一緒】
  6. お金を受け取っていない段階では借金契約は成立しない
  7. 勝手に名義を使われてキャッシングされた!支払い義務は誰に?
  8. 【未成年者の借金】親に返済義務はあるか?
  9. 未成年者の借金はあとからでも取り消すことができる
  10. 返すアテのない借金は絶対にしてはいけない