クレジットカード会社の儲けの秘密【結局は借金と一緒】

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > こんな情報知ってます? > クレジットカード会社の儲けの秘密【結局は借金と一緒】

クレジットカード会社の儲けの秘密【結局は借金と一緒】

クレジットカードは1回払いや2回払いなら手数料はいりません。そして、クレジットカードで買い物をするときには圧倒的に1回払いが多いですよね。

近年では会員費無料のクレジットカードが主流となっていますが、それでどうやってクレジットカード会社が利益を上げているのか不思議に思う人もいるでしょう。

クレジットカードの利益となるのは、入会金や会費、リボ払いや分割払いによるショッピングでの手数料、キャッシングの金利、加盟店の手数料になります

クレジットカードが使えるお店は、クレジットカード会社に加盟店として手数料を支払っているのです。

それらの加盟店は手数料を支払うので一見すると損ですが、「現金を持っていないから」とお客さんが購入を諦めることを回避することができますので、損ではないのです。

加盟店手数料については安定した収入が見込めますが、それほど高額にするわけにはいきませんので、クレジットカード会社の利益のうちの20%程度となっています。

ショッピングのほとんどが手数料のかからない1回払いや2回払いになりますので、ショッピングの手数料は利益のうちの10%以下です。

入会金や会費もほとんどのクレジットカードが無料なので、これも少ないことは容易に想像できますよね。こちらは、利益のうちの5%以下です。

実はクレジットカード会社の利益の7割近くがキャッシングの金利収入になるのです。

ショッピングができるクレジットカードを発行していますが、ほとんど消費者金融と利益の体質は変わらないと言うことです。

でも、そんなにクレジットカードのキャッシングが利用されているのでしょうか?

クレジットカードの利用割合は、ショッピングが8割に対してキャッシングが2割となっています

意外とクレジットカードでキャッシングする人が多いということですね。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 【借金を取り消すことも可能】お金を借りる契約も消費者契約法の対象です
  2. 借金をはじめてした時、あなたの年収はいくらでしたか?
  3. 消費者金融で1日にキャッシングされている総額は?なんと!
  4. だまされるな!10%ポイント還元と10%引きならどっちがトク?
  5. 【リボ払いは危険】リボ払いほど高い買い物ははない
  6. お金を受け取っていない段階では借金契約は成立しない
  7. 勝手に名義を使われてキャッシングされた!支払い義務は誰に?
  8. 【未成年者の借金】親に返済義務はあるか?
  9. 未成年者の借金はあとからでも取り消すことができる
  10. 返すアテのない借金は絶対にしてはいけない