ボーナス日を確認する

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 借金の回収方法 > ボーナス日を確認する

ボーナス日を確認する

消費者金融業者で督促業務をしているときには、顧客からいろいろと相談を受けることが多かったです。

1番多いのはやはり支払いのことです。支払いができない、支払いを待ってほしいということは本当によく言われます

こちらとすれば返済が遅れれば遅延損害金をもらうことができますので損はありません。損をするのは顧客自身であり、顧客から返済を待ってほしいとお願いされるのは何か変な感じでした。

ただ、あまりに延滞を繰返したり、延滞機関が長くなったりすると、顧客の信用が悪化してしまいます。

顧客の信用が悪化すれば顧客自身も痛いですが、お金を貸しているこちらとしても痛い話になるのです。

信用が悪化してしまった顧客はもう融資をすることができません。消費者金融業者は貸してナンボになりますので、貸せなくないというのは痛いのです。

そのため、いかに顧客の信用悪化を防ぐかが大切になってくるのですが、そのときにボーナスが助け舟となることが多々あります

私は支払いができないと相談してきた顧客には、必ずボーナスの有無を聞いていました。毎回延滞しているような顧客に対しても同様にボーナスの有無を確認します。

顧客がボーナスの使い道を考えるよりも先に、返済分をボーナスから確保しようということです

先に確保してしまえば、顧客もそれに合わせてボーナスの使い道を考えてくれますよね。これは借金の回収方法としては非常に有効でした。

ただ、難点は不景気でボーナスが減額されたときです。

消費者金融の借金返済よりも、当然のように住宅ローンのボーナス払いが優先されてしまいます。ボーナスが減るとなかなか消費者金融まで回ってはこないのは仕方がないですが。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 保証義務と表見代理
  2. 給料日に電話する
  3. 入金済み連絡依頼
  4. 自宅の競売
  5. パソコンは差押えられるのか?
  6. 実際の家財道具の差押
  7. 差押されないもの
  8. サービサーに債権譲渡
  9. 回収委託
  10. 保証会社や保証協会を使う