差押されないもの

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 借金の回収方法 > 差押されないもの

差押されないもの

債務者が1番恐れる回収方法は、何と言っても差押です。ただ、差押と漠然にはわかっていても、どういったものが差押えられるのかは知らない人が多いと思います。

貸金業者に差押をされると、家財道具のすべてを持っていかれると思っている人がいますが、これはすでに過去の話です

今は差押と言っても、いろいろと持っていかれることはありませんので、安心してください。

民事執行法では、債務者の生活に欠くことのできない衣類や寝具、家具、台所用具、畳および建具の差押が禁止されています

さらに、債務者の生活に必要な食料やお金、自営業なら業務に欠かせないものなども差押が禁止されています

では、いったい何が差押されるのかと言えば、ブランド品などのいわゆる贅沢品です

でも、差押までされるような債務者宅には贅沢品などないのが普通ですよね。そのため、今は家財道具の差押というのは実際には存在していないのです。

貸金業者から差押をするぞと脅されても、別に何てことはないのです。差押えられるものなどないのですから。

ただ、給与は別です。給与は全額ではないにしても、その一部が差押えられてしまいます。これは注意しなければいけません。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 保証義務と表見代理
  2. ボーナス日を確認する
  3. 給料日に電話する
  4. 入金済み連絡依頼
  5. 自宅の競売
  6. パソコンは差押えられるのか?
  7. 実際の家財道具の差押
  8. サービサーに債権譲渡
  9. 回収委託
  10. 保証会社や保証協会を使う