サービサーに債権譲渡

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 借金の回収方法 > サービサーに債権譲渡

サービサーに債権譲渡

サービサーとは、いわゆる債権回収会社のことを指します。どの金融機関でもサービサーに債権譲渡する可能性があると言えます。

一般的に、廃業する場合にほとんどの金融機関がサービサーに債権譲渡を行います

銀行が潰れることは滅多にありませんが、消費者金融業者はよく潰れますので、サービサーに債権譲渡するのは消費者金融業者が多いのかもしれません。

また、廃業ではなくても、手持ちの債権がどう考えても回収の見込みがない場合や、回収してもそのコストのほうが高くなるといった場合にも、サービサーに債権譲渡が行われます

サービサーはそうした焦げ付いた債権を格安で買取り、それを回収することで利益を上げている不良債権処理会社ということです。

私の勤めていた消費者金融業者でも、たまにサービサーに債権譲渡を行っていました。

回収の見込みがない債権について、小額でも買い取ってもらえるというのはありがたい話だったからです。

あれらの焦げ付いた債権をどうやって回収するのかは不思議ですが、時間をかければそのうちの何割かは回収できるということでしょう。

さて、債務者の立場でサービサーを考えた場合には、督促が厳しくなるとか時効までずっと取立行為が続けられるといってマイナス面もありますが、よい面もあります。

サービサーは格安にて債権を買い取っていますので、サービサー相手には借金を値切ることが可能です

これはそのサービサーによりますが、借金の10分の1の返済で済んだという人もいるそうです。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 保証義務と表見代理
  2. ボーナス日を確認する
  3. 給料日に電話する
  4. 入金済み連絡依頼
  5. 自宅の競売
  6. パソコンは差押えられるのか?
  7. 実際の家財道具の差押
  8. 差押されないもの
  9. 回収委託
  10. 保証会社や保証協会を使う