自宅の競売

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 借金の回収方法 > 自宅の競売

自宅の競売

銀行や消費者金融業者、事業者ローン会社などを利用するとき、自宅を担保にして契約する人がいます。

自宅を担保にすれば、審査も通りやすくなりますし、金利も低くなり、さらに融資額も高額が可能になるなど良いことだらけです。

唯一の問題と言えば、返済が滞ってしまったときに、担保としている自宅を差押えられて競売にかけられることでしょう。

ただ、債権者が競売手続きをとったからと言って、いきなり大勢が自宅に押しかけてきて、家族ともども追い出されるということはありません。

暴力団が自宅を占拠して、早く出て行くようにプレッシャーをかけるようなことも現実的ではありません。

競売の手続きは簡単ではありませんので、債権者は余程のことがない限りは競売を行わないのが普通です。

もちろん、マイホームの価値がとても高い場合には回収の目処が立ちますので、債権者が積極的に競売をしてくる可能性は不定できません。

競売手続きは裁判所で行われますが、競売開始決定が出たらすぐに引っ越さなくてはいけないわけではありません

競売開始決定の後、不動産の差押登記、債権届出の催告、評価調査、最低落札価格の決定、物件明細書の作成、売却方法等の決定と公示、売却、代金納付などが行われます。

競売の手続き開始から半年ほどは、そのまま自宅に住み続けることもできるのです

また、明け渡し日に引越代がなければ相手方に請求することができますので、これは覚えておいたほうが良いでしょう。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 保証義務と表見代理
  2. ボーナス日を確認する
  3. 給料日に電話する
  4. 入金済み連絡依頼
  5. パソコンは差押えられるのか?
  6. 実際の家財道具の差押
  7. 差押されないもの
  8. サービサーに債権譲渡
  9. 回収委託
  10. 保証会社や保証協会を使う