借金の回収方法

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 借金の回収方法


借金の回収方法

訴訟されたら出廷する

貸金業者に訴訟を起こされた場合には、裁判所から指定された第1回口頭弁論期日には必ず出廷するようにしましょう。 民事訴訟では、訴訟を起こした原告の言い分のみを聞いて判決を下すわけではありません…

訴状は必ず認否しよう

貸金業者に訴訟を起こされると、裁判所から訴状が届きます。その訴状に同封されているのが、陳述書の用紙になります。 陳述書とは、被告人の訴状に対する意見を聞くもので、この陳述書を訴状を出した簡易…

公正証書による差押

給与や家財道具などの財産を差し押さえる強制執行手続きをするには、債務名義を取得する必要がありあります。 債務名義には、民事訴訟による確定判決、仮執行宣言付判決、和解調書、調停調書、公正証書な…

訴状の内容

貸金業者は、返済が滞っている債務者に対して再三請求した結果、全く債務者に改善が見られないときには、そのことを裁判所に訴え出て、裁判所から債務者に向けて返済するように言ってもらいます。 これが…

支払督促

貸金業者の最終的な借金の回収方法は訴訟になりますが、同じように裁判所の手続きで、訴訟よりも簡単に申立てることができるのが支払督促になります。 貸金業者は、訴訟よりも時間がかからず費用も安い支…

訴状が届いても落ち着いて

貸金業者の借金の回収方法として、最終的なものは訴訟になると思います。支払いしなければいけないのに支払いしない債務者に対して、裁判所に訴え出ることです。 貸金業者に訴訟を起こされた債務者は、ま…

他の貸金業者から借りさせるのは違法

悪質な貸金業者の中には、返済が困難になっている債務者に対して、他の貸金業者に融資を申し込ませ、それによって得た現金を返済に充てるという回収方法をしているところがあります。 貸金業者が守らなく…

はり紙、立看板は禁止

貸金業者の取立行為を規制している貸金業規制法には、以下に示した取立行為を禁止しています。 はり紙、立看板その他の何らかの方法で、債務者の借入れに関する事実その他債務者等の私生活に関する事実を…

相手を威迫することは違法

ここでは貸金業者による借金の回収行為で、違法となることを説明したいと思います。 貸金業者は、貸金業規制法で定められている取立行為に関する規制を必ず守らなければいけません。 この規制を守らな…

来店を要求する

あまりに不誠実な態度をとる債務者に対しては、消費者金融は来店を要求することがあります。 これは、電話を通して何度言っても全く債務者本人の返済態度が改まらないことに業を煮やし、直接厳重注意して…

電報による督促

貸金業者の督促方法は、電話、メール、訪問以外にも、電報があります。 電報とは、郵便局員が送り先に配達してくれるもので、普通郵便と違って直接送り先に手渡ししてくれるものになります。 債務者か…

正当な理由による督促

一般消費者に融資をして収益をあげている貸金業者は、取立てに関する様々な約束事を守って借金の回収を行っています。 例えば、取立行為に関する規制には以下の2つがあります。 正当な理由がないのに…

ヤミ金から切り離す

借金で破綻するのは消費者金融による過剰な融資が原因だと世間では言われていますが、半分はその通りだと思いますが、半分は違うと思います。違うと思う半分は、ヤミ金融が原因だと思うからです。 消費者…

金策を手伝う

消費者金融業者の督促担当者は、場合によっては債務者の金策を手伝ってあげることがあります。 債務者の金策を手伝うことは、それがそのまま借金の回収に繋がりますので、効果はとても高いと思います。 …

就職を促す

借金が払えなくなる人で多いのは、職を失った人です。 いくら消費者金融業者の審査が甘いといっても、無職の人にお金を貸すことはありません。そのため、消費者金融からお金を借りたときには、必ず職につ…

連帯保証をつける

延滞を繰返すような人の中には、本当に口先だけの人が多いです。延滞をする人で、毎月決まって延滞をするという人は少なくありません。 まあ、毎月延滞しながらも借金の返済をするという人はまだ良いです…

第3者への聞き込み

消費者金融業者の督促業務には、探偵のようなところがあるというのはよく言います。長期延滞する債務者の多くが、行方不明状態になることがその原因だと思います。 実際、消費者金融業者で働いてみてわか…

損害賠償で訴える

借金を申し込む際に、他人になりすましたり、身分証明書や所得の確認書類を偽造したり、弁護士費用のためなどで始めから返済する気がなかったりだと、それが発覚して損害賠償請求を起こされることがあります…

代理人に督促する

多重債務に陥ってしまい、返済が苦しくなると、弁護士や債務整理ができる資格を得た司法書士に依頼して、債務整理をすることは普通だと思います。 弁護士や司法書士に依頼して債務整理をする場合、自己破…

法廷和解する

貸金業者に訴訟を起こされた場合、債務者がきちんと裁判所に出廷すれば、法廷和解が成立するのがほとんどです。 これは、裁判所の方針が原告側が要求した判決を出すのではなく、双方の主張を聞き入れて和…


 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より