借金には時効があるから踏み倒せるって本当?

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 借金問題Q&A > 借金には時効があるから踏み倒せるって本当?

借金には時効があるから踏み倒せるって本当?

借金には確かに時効があります。
これは法律にも明確に定められています。
しかし、踏み倒せるかというと話は別物です。

法律ではまず下記のように定めています
・ 債権者が企業の場合は5年間
・ 債権者が個人の場合は10年間
いずれも最終取引日からこの期間返済していなければ
時効が成立し返済の義務が消滅します。

しかし、返済の催促や差し押さえがあった場合や
あなた自身が「もう少し返済は待って欲しい」とお願いするなど
借金の存在を認める発言をした場合などは
時効が中断されてしまいます。

つまり債権者からの催促などが一切無く
上記の期間経過した場合に限り時効が成立するのです。

また、期間が経過しただけでは返済義務は消滅しません。
時効の期間が経過した旨を内容証明などで
債権者へ明確に伝えてはじめて返済義務がなくなります。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 強制執行されると給与を差し押さえられちゃうの?
  2. 担保が設定された不動産は売却できないの?
  3. 債務整理したいのですが取引履歴の開示を拒否されたらどうなるの?
  4. 自己破産では生命保険の解約が必要って本当?
  5. 債務整理をすることで家族に迷惑はかからないの?
  6. 自己破産をすると旅行や引越しが出来なくなるって本当?
  7. 借金問題は誰に相談したらいいの?
  8. 債務整理が大家にばれると賃貸住宅を追い出される?
  9. 債務整理後に返済を滞納したらどうなる?
  10. 借金返済ができなくなると家財道具がいきなり差し押さえられるって本当なの?