連れまわされた人もいた

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 悪質業者 > 連れまわされた人もいた

連れまわされた人もいた

ヤミ金融の被害に遭った人からよく聞く話が、連れまわされた話です。ここでは、その中の1人の話を紹介します。

その人は支払いができない状態になったとき、ヤミ金融業者の強面の男3人に身柄を確保されたそうです。

その人には所持金が数十円しかなく、預金口座も空状態でした。支払いをしたくてもできない状況です。

勤務先の社員食堂を給料天引きで利用することことができましたので、なんとか生活できたということです。

そんな状態なので、ヤミ金融業者に連れまわされることになります。

まず、連れて行かれたのは他のヤミ金融業者です。ただ、ヤミ金融業者と言っても、そこは比較的良心的なところで、分別すれば街金融というものです。

正規の消費者金融業者からは借入できないでしょうから、どこか借りれそうなところに連れて行かれたのです。しかし、そこでは借入ができなかったそうです。

そして、その人は関西在住だったのですが、東京に車で連れて行かれることになります。東京ならどこか貸してくれるところがあるだろうということです。

結局、東京で2、3件回らされて借入を行い、その全額をそのヤミ金融業者にとられてしまったということです。

その際、その人は帰りの電車賃分を求めたそうですが、案の定却下されてしまいます。

それどころか、ここまでの交通費を請求される有様で、その人は無一文で東京に取り残されることになります

翌日は仕事があり、帰らなくてはいけません。でも、お金がない。その人は警察にお金を借りて帰ったそうです。

連れまわされるケースでは、まだこれは楽なほうでしょう。もっと悲惨な目に遭っても何ら不思議ではないのです。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 金利の先払いには注意
  2. 広告と違う話には注意
  3. 株式担保金融の悪質手口
  4. 悪質商法で荒稼ぎした不動産担保金融
  5. 金券屋
  6. 直接交渉で和解することも可能
  7. ヤミ金で人生が破滅することもある
  8. 昔の貸金業者はヤミ金並みの取立だった
  9. ヤミ金融業者従業員に返済させた
  10. 貸金業者に電話させるヤミ金業者