ブラックでも海外移住可能

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > ブラックリスト > ブラックでも海外移住可能

ブラックでも海外移住可能

ブラックの人は海外に移住してはいけないという決まりは、今のところはありません

ブラックの人が海外に移住するということは犯罪者の高飛びを連想してしまい、あまり良い印象はありませんが、生まれ変わって新たな生活に挑戦するというのであれば良いかもしれません。

犯罪者なら海外で警察に逮捕されることはありますが、ブラックは犯罪者ではありませんので逮捕されようがありません。

そもそも、警察は国境を越えて協力し合いますが、ブラック情報を管理している信用情報機関はそういったことはありません。

日本でブラックとして登録されても、それは日本でのことで、海外にまでブラック情報が流れるということはありません

でも、海外にも日本の銀行の支店があると言う人もいるでしょうが、海外にある日本の銀行が日本の信用情報機関に照会することはないはずです。

海外に移住した場合には、その人が日本でどれだけ真っ黒なブラックだったとしても、真っ白な状態でスタートすることができるということです

海外に住居をかまえれば、クレジットカードも作ることができるでしょうし、現地の消費者金融業者からお金を借りることもできるはずです。

ブラックの人でも海外ではブラックではなくなりますので、そのことは覚えておきましょう。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. ブラックの始まり、消費者金融編
  2. ブラックの始まり、信販会社編
  3. ブラック怖さに優先順位が・・・
  4. ブラックは人に相談しにくい
  5. 債務整理をしなくてもブラック
  6. ブラックでもお葬式はできる
  7. ブラックでも海外旅行できる
  8. 奨学金延滞もブラックリストに
  9. ブラックになっても戸籍は汚れない
  10. ブラックでも子供は進学できる