ブラックリストが存在しなかったら

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > ブラックリスト > ブラックリストが存在しなかったら

ブラックリストが存在しなかったら

ブラックリストが存在しなかったとしたら、どうなるでしょうか?

ブラックリストとは、金融機関が加盟している信用情報機関に登録される事故情報の俗称になります。

ブラックリストが存在しないということは、信用情報機関自体が存在しないということになります。

そうすると、消費者金融での貸付審査基準がガラッと変わることになります。申込者の信用情報がわからないので、わかるものだけで融資するかどうかを判断しなくてはいけません。

わかるものというのは、年収や勤務先です。一流企業に勤め、収入が安定していることが融資するための大前提となるのです。

有名企業に務めているか公務員でなければ、融資が受けられということになってしまうのです

ブラックリストが存在しているおかげで、有名企業に勤めていなくても、年収が低くてもお金を借りたり、クレジットカードを持ったりすることができるということです。

また、ブラックリストが存在していることで、自分がブラックだと認識し、金融機関に無駄に申し込みをしなくなります

ブラックリストがなければ、もしかしたら融資を受けられるかもしれないと、いろいろと奔走してしまうかもしれませんよね。

ブラックリストは貸し手側だけでなく、借り手側にも役に立つものなのです。


 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. ブラックの始まり、消費者金融編
  2. ブラックの始まり、信販会社編
  3. ブラック怖さに優先順位が・・・
  4. ブラックは人に相談しにくい
  5. 債務整理をしなくてもブラック
  6. ブラックでもお葬式はできる
  7. ブラックでも海外移住可能
  8. ブラックでも海外旅行できる
  9. 奨学金延滞もブラックリストに
  10. ブラックになっても戸籍は汚れない