延滞を開き直る人

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 延滞について > 延滞を開き直る人

延滞を開き直る人

消費者金融で数年督促業務を経験させてもらいましたが、延滞者にはいろいろな人がいました。

「ハイ」としか言わない人、永遠と不幸自慢を語る人、文句ばかり言う人、謝り倒す人など、同じ延滞をしてもその対応の仕方は千差万別です。

督促担当者が1番腹が立ち、厄介だと感じるのが、延滞していることについて開き直る人です

督促担当者「至急に支払いをしてください」

延滞者「すぐに支払えないから延滞しています。何を言われてもどうすることもできません」

督促担当者「どうすることもできないと言われましても、支払期日までにお支払いしていただくお約束のはずですが」

延滞者「そんなこと言っても仕方がないでしょう。支払いできないからできないと言っているだけなのですから」

延滞していることを開き直られると、もう督促が不可能です。後は強制執行で回収するか、延滞者の自主的な支払いを待つしかありません。

延滞を開き直る人の中でも、支払いの意思がある人はまだマシです。1番厄介なのは、支払いの意思のない人です。

延滞について開き直っても良いですが、それは最終的には返済するという人に限ったことです。

延滞について開き直って、もう支払いをしないと決めた人は、本当に社会人としてどうかと思ってしまいます。

ただ、延滞について開き直ることができれば、精神的にはかなり楽になることができます。お勧めはできませんが、延滞についてあまりに思いつめるようなら、開き直ったほうが良いでしょう。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 消費者金融の利用者の5人に1人が延滞
  2. 借り換えは延滞する前にする
  3. 返済金の猶予措置
  4. リストラでピンチのときの延滞回避法
  5. 社員が延滞したと請求されたら
  6. 生活保護の受給は延滞の理由にはならない
  7. 延滞を理由に違法な担保を渡さない
  8. 白紙委任状と印鑑証明書の要求には応じない
  9. 悪質な取立の損害賠償が認められる例
  10. 返済計画を立てなければ延滞する