不可抗力での延滞

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 延滞について > 不可抗力での延滞

不可抗力での延滞

延滞は延滞でも、本人の意思や行動に反して発生してしまう不可抗力の延滞というものがあります。

例えば、借入した本人が交通事故に遭ってしまったときです

軽症なら問題ありませんが、入院するような大怪我になってしまったときや、意識不明の重態といった場合には、支払いがしたくてもできません。

実際、私が消費者金融業者で督促を担当しているときにも、そうした事故のために入院し、延滞になってしまった人はたくさんいました。

入院中でやっと電話をする機会を作って、連絡をしてくれる人は多かったですね。

督促担当者や貸金業者はいろいろなので、わたしのように退院して入金できるようになるまで待つという場合もあれば、誰かに頼んででも至急入金が必要という場合もあります。

ここでの対応で、その貸金業者の本質がわかりますので、無理なことを要求するようなところはさっさと完済してしまいましょう。

また、財布を盗まれたり、落としたりしたために支払いができなくなったというケースもあります

アクシデントはいつ起こるかわかりませんので、そうしたアクシデントにも柔軟に対応してくれる貸金業者とだけお付き合いするのが良いですよね。

それから、不可抗力で延滞してしまったとき、してしまうときには、できるだけ早く貸金業者に連絡して事情を説明するようにしましょう

いくら不可抗力の延滞だからと言っても、連絡を怠ればそれは許されない延滞となりますので、そこは気をつけたほうが良いでしょう。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 消費者金融の利用者の5人に1人が延滞
  2. 借り換えは延滞する前にする
  3. 返済金の猶予措置
  4. リストラでピンチのときの延滞回避法
  5. 社員が延滞したと請求されたら
  6. 生活保護の受給は延滞の理由にはならない
  7. 延滞を理由に違法な担保を渡さない
  8. 白紙委任状と印鑑証明書の要求には応じない
  9. 悪質な取立の損害賠償が認められる例
  10. 返済計画を立てなければ延滞する