なぜ他社に支払って当社には支払わないのか

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 延滞について > なぜ他社に支払って当社には支払わないのか

なぜ他社に支払って当社には支払わないのか

延滞したときに、貸金業者から「なぜ他社に支払って当社には支払わないのか」などと言われることがあります。

実際に、消費者金融業者で督促業務をしていた私も言っていましたし、同僚の督促担当者は言っていました。

これは、貸金業者が個人信用情報機関に延滞者の信用情報を照会すると、他社の延滞状況がわかるためです

延滞者が他社には支払いをして、こちらは延滞となっていれば、督促担当者は「なぜ?」となりますよね。

督促担当者によっては自分の督促が緩く、他社の督促がきつかったために、他社にだけ支払いをしたのかと考えることもあります

多重債務者を相手に商売している貸金業者になると、いかに自社に支払いをさせるかが重要なポイントになります。

延滞者は約定金額に対してお金が足りないわけですから、どこかの貸金業者で延滞が発生します。

その延滞になる貸金業者にならないように、督促担当者は努めるのです。

「なぜ他社に支払って当社に支払わないのか」と言われて、明確な回答ができる延滞者は恐らくいません。

それなら、最初から所持金を均等に割り(もしくは約定金額の比率で分ける)、すべての貸金業者で入金不足の延滞になると良いでしょう

督促担当者は貸金業者の利用者がお金に余裕がないことはよく知っていますので、入金不足にはそれほどガミガミとは言わないはずです。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 消費者金融の利用者の5人に1人が延滞
  2. 借り換えは延滞する前にする
  3. 返済金の猶予措置
  4. リストラでピンチのときの延滞回避法
  5. 社員が延滞したと請求されたら
  6. 生活保護の受給は延滞の理由にはならない
  7. 延滞を理由に違法な担保を渡さない
  8. 白紙委任状と印鑑証明書の要求には応じない
  9. 悪質な取立の損害賠償が認められる例
  10. 返済計画を立てなければ延滞する