貸金業者が延滞を一切許さなかったらどうなるか

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 延滞について > 貸金業者が延滞を一切許さなかったらどうなるか

貸金業者が延滞を一切許さなかったらどうなるか

貸金業者は延滞を許容しています。契約書では延滞したら全額を支払えなどとなっていても、実際に少しの延滞で全額支払えとは言ってきません

仮に貸金業者が延滞を一切許さなかったらどうなるでしょうか?

1日でも1回でも延滞したら、即全額請求していては回収部署は大忙しになります

完済する人で毎日溢れ、完済の手続きだけでいっぱいいっぱいになってしまうでしょう

また、借り手も大変です。うっかり支払いを忘れてしまうだけでも全額返済しなければなりませんので、常に早目に支払いをしなければいけません

ATMが込んでいて入金手続きができなかったとしても、全額返済しなければならないというのはかなり酷です。

仮に貸金業者が延滞を一切許さなかったら、貸金業者を利用する人はかなり減ると思います。

簡単キャッシングで便利なのが貸金業者の利点なのに、返済についてそれほど厳しいことを言われると辛いですよね。

貸金業者は借りてもらってナンボの商売ですし、長く取引してもらってやっと利益が出る商売です。

貸金業者は今後も延滞を許容し続けます。そうしないと商売が成り立たないからです。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 消費者金融の利用者の5人に1人が延滞
  2. 借り換えは延滞する前にする
  3. 返済金の猶予措置
  4. リストラでピンチのときの延滞回避法
  5. 社員が延滞したと請求されたら
  6. 生活保護の受給は延滞の理由にはならない
  7. 延滞を理由に違法な担保を渡さない
  8. 白紙委任状と印鑑証明書の要求には応じない
  9. 悪質な取立の損害賠償が認められる例
  10. 返済計画を立てなければ延滞する