自動車ローン

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 知っておきたい借金豆知識 > 自動車ローン

自動車ローン

自動車を購入するのに、借金をする人は多いと思います。自動車は安いものでも100万円程度はしますし、上を見ればきりがないと思います。

消費者金融を利用する人にはいろいろな人がいますので、中には自動車の購入費用で足りない分を消費者金融でという人もいます。

消費者金融業者としては、別に利用目的が自動車の購入費用だったとしても、それが理由で融資を断ることはないと思います

しかし、個人的には自動車購入を理由に、消費者金融からお金を借りることはしないほうが良いと思います。

自動車は、車体購入費用だけでなく、自賠責保険料、重量税、点検費用、自動車税、駐車場代、ガソリン代など、とてもお金がかかるものです。

車の維持費だけでも、2000ccで年間70万円かかるという試算もあるぐらいです

それだけの費用がかかる車ですが、さらに消費者金融業者のような高金利なところでお金を借りてしまうと、予想以上に負担が大きくなってしまいます。

自動車の購入専用のローンである自動車ローンの場合には、年率2%から10%程度の金利で借入できます

消費者金融業者の金利は年率15%から29.2%になりますので、差は歴然ですよね。

貸金業者が自動車ローンを行っているところもありますが、金利の低い銀行の自動車ローンを利用するのが良いと思います。

もちろん、借金してまで自動車を購入する必要があるのかを、よく考えてからにしなければいけませんが。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. ギャンブルで負けたお金は払わなくて良い
  2. 家族が受け取る生命保険
  3. 借金300万円なんてあっという間
  4. 残価設定型ローン
  5. 教育ローンを活用する
  6. 利息の天引き
  7. ベニスの商人
  8. お金がない人からは回収できない
  9. 個人情報の取得と同意
  10. 個人情報保護法