消費者金融のテレビCMの効果の程は?

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 関連ニュース紹介 > 消費者金融のテレビCMの効果の程は?

消費者金融のテレビCMの効果の程は?

2009年の消費者金融のテレビCMに関する調査結果がニュースになっていましたので、ここで紹介します。

かつての消費者金融のテレビCMと言えば、「くぅーちゃん」CMのアイフルがテレビCM好感度第1位(受賞は辞退)になるなど、消費者金融のテレビCMがブームとなる現象が起こりました。

しかし、「テレビCMのイメージと実際のギャップが多重債務者を生み出す」などと非難され、政治的要請を受けてその後は自粛していきます。

では、現在はどうなのかですが、消費者金融のテレビCMを見ても「好感を持ったものはない」とした人が54.8%、「消費者金融のテレビCMを見ていない」とした人が14.7%でした

7割の人には消費者金融のテレビCMは、まったく関心を持たれていないということです。昔とはずいぶん状況が違いますよね。

源に、私も最近消費者金融のテレビCMを見た記憶がありません。流れてはいるのでしょうが、素通りなのでしょうね。

また、もっとも好感を集めた消費者金融のテレビCMは「モビット」と「アイフル」でした。でも、それぞれが6.0%とかなり低い数字です。

テレビCMは企業価値を高め、全国展開している企業にとっては良い宣伝になるのでしょうが、消費者金融にとっては厳しい調査結果となりました。

まあ、消費者金融はすでに社会に完全に溶け込んでいますんで、今更大々的に宣伝することもないかもしれませんね。

こういった調査結果が出た以上、消費者金融のテレビCMは、今後も減っていきそうです。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 近畿の貸金業者がバブル期の10分の1に減少
  2. 大阪府が貸金業者実態調査実施へ乗り出した
  3. 過払い金返還請求、9回目の一斉訴訟はじまる
  4. 改正貸金業法、金融庁が規制緩和検討か
  5. 消費者金融業者大手の最近の動向
  6. 武富士、投資家に債務減額求める
  7. 借金苦で無理心中した女性の裁判員裁判の結果・・・
  8. 米のカード支払い延滞率が過去最高水準
  9. アイフル、私的整理も最終的には法的整理か
  10. アイフル正社員半分削減、有人店舗は3分の1に