滞納してないのに利用限度額が減額されることもある

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > お金を借りる基礎知識 > 滞納してないのに利用限度額が減額されることもある

滞納してないのに利用限度額が減額されることもある

貸金業者からお金を借りて最初に設定される利用限度額は、最初が10万円程度だとしても、その後の返済実績などによって増額されていくのが普通です。

しかし、最近では貸金業者を取り巻く環境が悪化し、貸出金利の引き下げや貸付の総量規制などの新たなルールのために、各貸金業者では貸付審査を厳しくして、増額も控え目になっています

そのため利用限度額が増額ではなく、減額される人も多くなりました。

延滞にさえ気をつけていれば、利用限度額が減額されることはないという定説がかつてはありましたが、今はそうでもないようです。

1回も延滞をしたことがない人でも、利用限度額が減額される時代がきたということですね。

では、どういった人が利用限度額を減額されているのでしょう。それは、他社の借入状況が悪化した人になります。

他社を延滞しても、借入金額や借入件数が増加しても、利用限度額が減額される可能性があります。

貸金業者では3ヶ月に1回というように、定期的に既存顧客の他社の借入情報をチェックしています。そこで借金が増えてきたぞとなれば、先手を打って利用限度額を減額するというわけなのです。

ということは、利用限度額を減額された人は、気をつけないと破綻への道を転げ落ちるかもしれないということも言えると思います。

利用限度額を減額されたら、痛いと思うのではなく、もう新たに借入をしないように気を引き締める必要があると思います。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 借りようとしている貸金業者は登録業者かどうかを必ず確認する
  2. ゆうゆうローンは継続して利用するものではない
  3. サラ金で借りる前に質屋を利用できないか考える
  4. 【福祉医療機構】年金を担保に融資してもらえる合法機関がある
  5. 医療費を工面する場合は高額医療費融資制度を利用する
  6. 保有している証券を担保にお金を借りる方法~証券担保ローン
  7. 生命保険を担保にして低金利でお金を借りる方法~契約者貸付制度
  8. 滞納すると遅延損害金を支払わなければならない
  9. 融資限度額を増額するタイミングが遅くなってきている
  10. 貸金業者が融資限度額の増額を案内する目的