生命保険を担保にして低金利でお金を借りる方法~契約者貸付制度

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > お金を借りる基礎知識 > 生命保険を担保にして低金利でお金を借りる方法~契約者貸付制度

生命保険を担保にして低金利でお金を借りる方法~契約者貸付制度

お金がない場合、真っ先に思いつくのは消費者金融やクレジットカードのキャッシングだと思います。

消費者金融やクレジットのキャッシングは、手軽にお金が借りられるとあって、今では多くの人が利用しています。

しかし、手軽にお金を借りられるということは、それだけ金利が高いのが普通です。借金をするのに、金利が高いのは嫌ですよね。

そこで活用したいのが、生命保険担保の契約者貸付制度です。これは生命保険に加入しているなどの条件がありますが、利用できる人は有効利用するようにしましょう。

生命保険担保の契約者貸付制度とは、終身保険や養老保険などの生命保険を担保にして、契約している保険会社から融資を受けるものです

一般的には、解約返房金の80%から90%の金額を借りることができ、金利も年率3%から8%程度と低金利になります

また、返済が自由で、毎月の返済日が決められているわけではありません。返せるとこに返してくださいというもので、最悪生命保険金との相殺も可能です。

ただ、返済が自由ということは、返済しなければずっと金利がつくということなので、そこは注意が必要だと思います。

金利が低くても借入期間が長ければ、それなりに金利負担が重くなりますので、あくまでも短期的な利用が望ましいでしょう。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 借りようとしている貸金業者は登録業者かどうかを必ず確認する
  2. ゆうゆうローンは継続して利用するものではない
  3. サラ金で借りる前に質屋を利用できないか考える
  4. 【福祉医療機構】年金を担保に融資してもらえる合法機関がある
  5. 医療費を工面する場合は高額医療費融資制度を利用する
  6. 保有している証券を担保にお金を借りる方法~証券担保ローン
  7. 滞納すると遅延損害金を支払わなければならない
  8. 滞納してないのに利用限度額が減額されることもある
  9. 融資限度額を増額するタイミングが遅くなってきている
  10. 貸金業者が融資限度額の増額を案内する目的