ゆうゆうローンは継続して利用するものではない

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > お金を借りる基礎知識 > ゆうゆうローンは継続して利用するものではない

ゆうゆうローンは継続して利用するものではない

ゆうちょ銀行では、郵便局時代から郵便貯金担保のゆうゆうローンという融資を行なっています。

ゆうゆうローンは、定期性の預貯金を担保にして融資を受けられるものであり、ゆうちょ銀行に限らず他の銀行でもいろいろな形態の商品があると思います

ゆうゆうローンでは、定期や定額貯金、積立貯金などの定期性の預貯金を合計した金額の90%以内の金額で、融資を受けることができます。

また、融資額の上限は300万円までになります。継続して利用するというものではなく、一時的に利用するというものだと考えるのが正しいと思います。

金利は預金利率に0.数%を上乗せしたものになりますので、かなりの低金利だと言えると思います。

通常は2年間の返済期限になりますが、1回限りで4年間まで延長することも可能になっています。

金利が低くてリスクの非常に少ないゆうゆうローンですが、お金を借りるよりは定期貯金を解約したほうが早いという意見もあります

お金を借りれば僅かでも金利が発生します。でも、定期貯金を解約するれば金利は発生しませんよね。

定期貯金で受け取る金利よりも、ゆうゆうローンを利用して支払う金利のほうが高いので当然です。

貯金があるのに借金をするという人は少ないと思います。まあ、いろいろな状況の人がいますので、中には有効活用できる人もいるでしょう。


 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 借りようとしている貸金業者は登録業者かどうかを必ず確認する
  2. サラ金で借りる前に質屋を利用できないか考える
  3. 【福祉医療機構】年金を担保に融資してもらえる合法機関がある
  4. 医療費を工面する場合は高額医療費融資制度を利用する
  5. 保有している証券を担保にお金を借りる方法~証券担保ローン
  6. 生命保険を担保にして低金利でお金を借りる方法~契約者貸付制度
  7. 滞納すると遅延損害金を支払わなければならない
  8. 滞納してないのに利用限度額が減額されることもある
  9. 融資限度額を増額するタイミングが遅くなってきている
  10. 貸金業者が融資限度額の増額を案内する目的