お金を借りる基礎知識

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > お金を借りる基礎知識


お金を借りる基礎知識

リボルビング方式の特徴~利用限度額の範囲で自由に返済と借入れができる

現在、貸金業者の返済方法で主流となっているのが、リボルビング方式です。消費者金融だけでなく、クレジットカード会社のキャッシングもリボルビング方式になります。 リボルビング方式とは、クレジ…

契約前に返済方法を要確認!返済方法は貸金業者によって異なる

貸金業者からお金を借りれば、借りたお金を返し終わるまで返済を続けることになると思いますが、その返済方法にはいろいろな種類があり、各貸金業者によって様々です。 返済方法の種類には、元利定額…

【消費者金融でお金を借りよう】35日サイクル返済を利用する場合の注意点

35日に1回の返済で良いとする35日サイクル返済は、消費者金融業者の多くが採用しています。一般的な返済や支払いというのは、月に1回になると思います。 2月は28日か29日になりますが、後…

35日サイクル返済は貸金業者側の都合で設定された制度

消費者金融業者業者の中には、35日サイクルの返済日を設定しているところが多くあります。毎月定日に返済日を設定するクレジットカード会社にはない、消費者金融の特徴になります。 35日サイクル…

借金の返済日は変更できる?正当な理由があれば返済日の変更は可能

貸金業者からお金を借りた場合、金銭消費貸借契約を交わすことになります。友達同士のお金の貸し借りではありませんので、社会人としての契約の責任を負うことになります。 貸金業者と契約した内容に…

任意増額返済に注意!月に2回の返済になってしまう場合がある

返済で注意したいのが、返済が月に2回になってしまう場合です。 クレジットカード会社などでは、毎月1回自動振替というのが普通なので問題ありませんが、消費者金融などのように自分で入金をしなけ…

【消費者金融でお金を借りよう】返済日を何日にするかは慎重に決定する

返済期日の決め方は、貸金業者によってまちまちなところがあります。必ずしも月に1回という返済期日が設けられているわけではなく、2ヶ月に1回というところも中にはあるかもしれません。 返済期日…

【消費者金融でお金を借りよう】貸金業者への返済方法の種類

貸金業者への返済方法には、ATM、銀行振り込み、店頭、郵送、集金などがあります。 ただ、すべての返済方法を利用者は自由に決められるというわけではなく、利用している貸金業者が対応している返…

貸金業者が返済処理をミスすることもある~領収証の入金額は必ず確認する

借金をする人の中には、あまり細かいことを気にしない人もいると思います。良く言えば度量が広い、悪く言えばズボラな人となるわけですが、そうした人は全面的に貸金業者を信用してしまうところがあります。…

キャッシングの利用限度額は1度減額されるともう2度と増額されない

利用限度額は貸金業者を利用している人にとっては、非情に重要なものであることに間違いないと思います。 貸金業者からお金を借りて、特に問題なく計画通りに返済をしている状態なら、利用限度額は大…

取り決めた返済額を用意できなくても、返済期日までに少しでも入金する

領収書に記載されている内容で、利用者にとって特に注意が必要なのが、次回返済期日です。貸金業者との取引において、絶対に守らなければいけないのが返済期日です。 最悪、約定の返済額を用意できな…

お金を返済したら必ず領収書(残高証明書)をもらうこと

領収書、受領書、残高証明書、残高計算書など、貸金業者によっていろいろな呼び方をしますが、そのものが持つ意味は同じになりますので、ここでは領収書として統一して呼ぶことにします。 領収書とは…

レディースローンで借金を申し込むと女性は優遇されるのか

貸金業者からお金を借りる人の性別による割合は、男性が7に対して女性が3ぐらいになります。 大昔では男性が10で女性が0でしたが、女性が社会に進出するようになり、徐々に女性の比率が高くなっ…

キャッシング初回利用の貸付額は多くても15万円までが相場

消費者金融業者に新規で融資の申込をすると、いったいいくらぐらいのお金を借りられるのでしょうか。 大手の消費者金融業者の初回の貸付額は、およそ15万円ほどです。中小になればもう少し低くなる…

消費者信用団体生命保険を悪用する貸金業者社員もいる

世の中にはいろいろな悪い人がいます。貸金業者の中で働く社員さんの中にも、悪知恵を働かせて不正をし、自分のポケットにお金を入れてしまう人も残念ながらいます。 貸金業者はお金を扱う商売という…

悪徳貸金業者が消費者信用団体生命保険で儲ける手口

貸金業者とひとくくりに呼んでも、各業者によって様々な考え方や営業の仕方があると思います。 中には、ヤミ金融ではないのですが、悪徳な行為をする業者もありますので、お金を借りようという人はよ…

消費者信用団体生命保険とは?~債務者が死亡した場合に保険金が下りる

すでに禁止が決まっていますが、消費者信用団体生命保険についても説明したいと思います。 消費者信用団体生命保険とは、貸金業者からお金を借りている状態で利用者が亡くなったときに、保険会社が利…

期限の利益の喪失とは?返済期日までは返済しなくても良いという取り決め

契約書に書かれている注意事項で重要だとされているのが、期限の利益の喪失についての条項です。 期限の利益とは、利用者は返済期日までは返済しなくても良いですよというもので、期限の利益があるた…

住所・氏名等、届け出事項の変更は貸金業者に報告が必要~勤務先変更も!

新規契約時には、氏名や住所、勤務先などを登録用紙に記入すると思いますが、そこで記入した内容に変更があれば、速やかにそのことを貸金業者に届け出なければいけません。 そのことは契約書の会員規…

利用限度額が増えた例~知らぬ間に借金が増えていく

ここでは利用限度額が増えていく例をあげて、わかりやすくそのしくみを解説したいと思います。 借入れ件数が5件で借入れ金額が250万円、年収が400万円のAさんが、ある貸金業者に申込をしたと…


 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より