お金を借りる基礎知識

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > お金を借りる基礎知識


お金を借りる基礎知識

【お金を借りる】自動契約機からのキャッシング契約の流れ

大手や準大手などの消費者金融業者なら、たいていは自動契約機を導入していると思います。自動契約機は会社によって機械が違いますが、操作で多少の違いがあるだけで、契約の流れとしてはほぼ同じになります…

キャッシング自動契約機を利用するメリット/機械相手だと借りやすい

消費者金融の市場を拡大させた最大の功労者は、何と言っても自動契約機だと思います。 店頭による借入れの場合には、消費者金融の受付担当者と対面する必要があり、それを嫌う人は多いと思います。電…

店頭融資のときに付き添いがいると貸金業者は名義貸しの疑いをかける

消費者金融業者で勤務していた頃、店頭窓口に2人で来て、1人が融資申込をして、もう一人はただの付き添いでということが結構ありました。いわゆる同伴来店というものです。 夫婦や親子で同伴すると…

店頭窓口で融資を申し込むメリット~来店審査のほうが貸付審査に有利な場合も

今でこそ自動契約機やインターネットに押されて減少傾向にありますが、一昔前までは店頭窓口による申込が主流でした。 店頭窓口で申込をする人は確かに減ってはきていますが、それでもまったくゼロに…

キャッシング初回利用者の申込チャンネルいろいろ

新規で貸金業者からお金を借りるときには、いろいろなチャンネルが用意されています。新規申込チャンネルには、店頭、自動契約機、電話、郵送、ファックス、インターネットがあります。 どの貸金業者…

お金を借りるなら所得を確認できる書類が必要となる

以前までなら、貸金業者からお金を借りるときには、本人確認書類だけで十分でした。しかし、過剰貸付の抑制のために、今は必ず所得を確認できる書類が必要になっています。 所得確認書類には、給料明…

貸金業者からお金を借りるときの提出書類はコピーでOK!但し店頭融資なら原本を・・・

貸金業者からお金を借りるときにいるとされる本人確認書類や所得確認書類は、いずれも原本を提出する必要はありません。 もちろん、住民票や給料明細書など、別に原本を貸金業者に提出してもかまわな…

住民票を持っていると貸付審査で有利になる

貸金業者からお金を借りる際に、持っていれば審査に有利なものが住民票です。 住民票は日本国民なら誰でも申請して取得することができるもので、氏名、生年月日だけでなく、住所も証明しているという…

貸金業者を利用するなら健康保険証にプラスして運転免許証かパスポート、住民票を準備する

融資の受付時に出されることが意外と多いのがパスポートです。特に、運転免許証を持っていない人が身分証明書として持ち歩いているようです。 パスポートには、運転免許書と同じように氏名と生年月日…

健康保険証の種類によって貸付審査の厳しさが変わる

貸金業者からお金を借りる際に最低限必要とされているのが、健康保険証になります。国民はたとえ収入がないにしても、必ず健康保険に加入する義務があります。 会社に勤めていれば社会保険に強制的に…

【消費者金融で借りる】運転免許証の偽造はあっという間にバレる

身分証明書としてもっとも多く活用されているのは、運転免許証だと思います。別に自動車を運転する機会のない人でも、身分証明書として持つために運転免許を取得する人がいるほどです。 もっとも多く…

【消費者金融でお金を借りよう】本人確認書類はどれがいい?

貸金業者で用いられている本人確認書類は、運転免許証、健康保険証、住民票、パスポート、外国人登録証明書、官公庁発行証明書、社員証、学生証などになります。 会社の名刺には公的な身分証明能力は…

本人確認書類がなければ100%お金は借りれない

親や知人からお金を借りるときにはいらなくても、貸金業者からお金を借りるときには必ず本人確認書類がいります。 これは、消費者金融からの借入れだけでなく、クレジットカードを作るときや、銀行の…

外国人も消費者金融を利用できるが審査は厳しくなる

近年、ますます日本で働いている外国人が多くなっています。では、そうした日本で働いている外国人は、貸金業者からお金を借りることができるでしょうか。 答えは、はいです。ただし、これも各貸金業…

【消費者金融を利用】身体障害者の契約はOKだが、知的障害者は難しい

貸金業者では、健常者であれ障害者であれ、基本的には同じような条件でお金を貸しています。 下半身が動かない車椅子の障害者でも、しっかりと仕事をして収入があるなら、特に障害を理由に融資を断る…

【貸金業者が最初にチェックするポイント】安定した収入があるか?

お金を借りる上で、最も重要だと思われているのが、安定した収入があるかどうかです。 貸金業者のどの勧誘広告を見ても、字は小さいかもしれないが、必ずこの「安定した収入がある方」という1文が記…

未成年は消費者金融を利用できない

クレジットカード会社の場合には、満18歳以上であれば親権者の同意があれば、キャッシング機能付きのクレジットカードを申し込むことができるのが一般的です。 しかし、消費者金融の場合には、満2…

キャッシングの申し込みから契約までの流れ

消費者金融での融資の申し込みから契約までの流れを説明したいと思います。いろいろな消費者金融業者がありますので、すべてがこれに当てはまるということはありませんが、基本的な流れは同じになると思いま…

お金をどこで借りようかがどこでも良いからに変わると破綻が近い

今まで貸金業者からお金を借りたことがないという人が、初めて貸金業者からお金を借りようとするときの思考回路は、「どこで借りようか」というものになると思います。 貸金業者から借入れしていない…

【消費者金融の審査】金利が高いほど審査がゆるくなる

お金を借りる人が貸金業者に求めていることは、第1に希望した金額を貸してくれるかどうかになります。 希望した金額を貸してくれるところなら、どこだってかまわないという考えの利用者も多いと思い…


 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より