Y田さんの債務整理物語(最終)債務整理後が本当の始まり

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 債務整理の実例 Y田さんが借金解決した方法 > Y田さんの債務整理物語(最終)債務整理後が本当の始まり

Y田さんの債務整理物語(最終)債務整理後が本当の始まり

マイホーム個人再生の手続きをして、Y田さんの債務整理は終了ではありません。

本当の再生はここからがスタートなのです。

現実的に考えて、このまま就職先が決まらなければY田さんはずっとアルバイトの生活になってしまいます。

夫妻の収入だけで、毎月3万円の返済と住宅ローンの返済。

子供たちの学費もまかない続けていくのは容易なことではありません。

夫婦の強い希望により、自宅を手放さない方法を選択したことが果たして本当に良い方法だったのでしょうか?

考え方によっては、住宅を手放し、プラスになれば返済原資に。

マイナスになれば一緒に減免処理をし、月々の負担をもっと軽くしたほうが良かったのかもしれません。

また、いっそ自己破産をして、マイホームも手放し債務をゼロにしてから再スタートしたほうが、手っ取り早かったのかもしれません。

実は、個人再生の手続きを取ったものの、その通りに返済を続けることができず結局自己破産に至ってしまうケースも少なくはないのです。

なぜなら、せっかく債務を減らしても原因が残ったままでは再び借金がかさんで首が回らなくなってしまうからです。

しかも一度法的に整理をしている場合には、同じ救済制度は使えません。

より事態が悪化することもあるのです。

Y田さんの場合、会社の倒産という理由があり、これは本人の責任ではありません。

苦労が大きくてもマイホームを残したほうが良いのか。

それは誰にも分かりません。

本人達がこれからの人生において何を重視するかによって異なるからです。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. Y田さんの債務整理物語(10)自宅が守れる個人再生
  2. Y田さんの債務整理物語(9)ついに司法書士に相談
  3. Y田さんの債務整理物語(8)どう債務を整理していくか
  4. Y田さんの債務整理物語(7)いよいよ始まった返済生活
  5. Y田さんの債務整理物語(6)再生手続きにはどんなものがある?
  6. Y田さんの債務整理物語(5)家族に秘密を打ち明ける
  7. Y田さんの債務整理物語(4)法律の力で借金解決
  8. Y田さんの債務整理物語(3)増え続ける借金と破綻の足音
  9. Y田さんの債務整理物語(2)倒産をきっかけに借金生活になる人は珍しくない
  10. Y田さんの債務整理物語(1)会社が倒産して借金まみれに