Y田さんの債務整理物語(2)倒産をきっかけに借金生活になる人は珍しくない

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 債務整理の実例 Y田さんが借金解決した方法 > Y田さんの債務整理物語(2)倒産をきっかけに借金生活になる人は珍しくない

Y田さんの債務整理物語(2)倒産をきっかけに借金生活になる人は珍しくない

tousann

■失業したことを家族に言い出せない・・・

きっとすぐに再就職先は見つかる。

そうすれば笑い話として話せるだろう。

そう考えたY田さんの選択は賢明な行動とはいえません。

しかし家族に心配をかけまいとして、自分で何とかしようとした気持ちは同情に値します。

受験前の子供にショックを与えて、影響が出てしまったらと配慮する気持ちも理解できます。

近年、勤務先のリストラ、倒産によって職を失ってしまうことは珍しくありません。

失業保険が出る期間は短く、金額も5割~8割程度になります。

再就職で前の職場と同じだけの給与が出る保証はありません。

■失業給付はのこりあとわずか・・・

失業給付は最大360日。

二十数年会社員をやってきたY田さんは、最大まで失業給付が受けられるとしてももう少しで、給付は終ってしまいます。

ますます必要なお金が不足してしまうのは明らかです。

Y田さんが破綻する日は遠くありません。

■Y田さんはどうすればよかったのでしょうか?

奥さんは失業を知らないため、いつも通り生活を続けています。

まずは失業を奥さんに打ち明け、生活水準を落とす必要があります。

1.奥さんにもパートに出て家計を助けてもらう

2.大学生の子供にもアルバイトをして学費を負担してもらう

3.住宅を手放して、引越しを検討する

4.生活費を切り詰めて、必要経費を減らす

こうした家計の見直しが急務です。

収入源が減ってしまった今、同じ水準の生活を続けることはできません。

できるだけ支出を減らさなくてはいけません。

家族に心配をかけまい、自宅を守りたいと消費者金融に手を出すケースは少なくありません。

しかしそれは破綻に近づく、とても危険な行為なのです。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. Y田さんの債務整理物語(最終)債務整理後が本当の始まり
  2. Y田さんの債務整理物語(10)自宅が守れる個人再生
  3. Y田さんの債務整理物語(9)ついに司法書士に相談
  4. Y田さんの債務整理物語(8)どう債務を整理していくか
  5. Y田さんの債務整理物語(7)いよいよ始まった返済生活
  6. Y田さんの債務整理物語(6)再生手続きにはどんなものがある?
  7. Y田さんの債務整理物語(5)家族に秘密を打ち明ける
  8. Y田さんの債務整理物語(4)法律の力で借金解決
  9. Y田さんの債務整理物語(3)増え続ける借金と破綻の足音
  10. Y田さんの債務整理物語(1)会社が倒産して借金まみれに