クレジットカードはできるだけ少なくする

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 借金とリスク > クレジットカードはできるだけ少なくする

クレジットカードはできるだけ少なくする

キャッシングカードの枚数をできるだけ少なくするのは当然としても、クレジットカードの所有枚数もできるだけ少なくした方が良いでしょう。

キャッシングカードをたくさん持っていることを自慢する人はいませんが、クレジットカードをたくさん持っていることを自慢げに話す人がいます。

もちろん、各用途に合わせて複数枚のクレジットカードを使い分けることは悪いことではありません。

ここで言いたいのは、不必要にたくさんのクレジットカードを持たない方が良いということです。

一人でクレジットカードを5枚も6枚も、多い人では10枚以上も持っている人がいますが、それだけ持っていても実際に使用しているのは限られるはずです。

使っていないクレジットカードは、盗難や紛失のときのリスクが高くなるだけで、マイナス要素しかありません

それに、年会費が有料となっているもので、使用していないクレジットカードがあれば損ですよね。

また、最低限の枚数のクレジットカードだけを使用することで、ポイントがたまりやすくなります。

今日はこっちのカードで支払い、明日はあっちのカードで支払いとなると、付与されるポイントが分散されてしまい、なかなか思うようにたまりませんよね。

それから、クレジットカードを必要以上に持っているということは、必要以上に借入することができるということです

クレジットカード1枚につき50万円のキャッシングや買い物ができるのなら、10枚あれば500万円もの借金を背負うリスクがあるということです。

別に使わないから大丈夫という人も、審査もなしで借金ができるという状況は、あまり良い状況とは言えません。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 返済が困難になったときに相談しない人が多い
  2. 借金が生活に与える影響
  3. 収入を見越して行動する
  4. 総量規制で自己破産者はむしろ増える?
  5. 貸出金利の引下げで増えるものって?
  6. 返済期日がない契約もある
  7. 景気後退によるリスク
  8. 以前は勤務先の電話が鳴り続けた
  9. 怖い思いをするリスク
  10. 携帯電話料金が跳ね上がるリスク