収入を見越して行動する

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 借金とリスク > 収入を見越して行動する

収入を見越して行動する

借金をすること自体は何も悪いことではなりません。実際、ほとんどの人が何かしらの借金を抱えて生きているはずです。

借金で問題なのは、自分の収入を超えた借入をすることです

では、総量規制によって収入を超えた借入ができなくなれば、それで問題が解決されるのかと言うと、そういうわけではありません。

問題なのは、自分の収入を超えるようなお金の使い方をすることです

自分の収入を見越して行動していれば、何も怖いことはありません

借金にはリスクがつきものですが、収入に見合った行動をしていれば、ほとんどリスクはないと言えます。

家計簿をつけるなどで、自分の収入を超えるようなお金を使わないことに気を配ることが大切なのです。

また、自動車など高額商品を購入するときには、ローンでの購入も仕方がありません。

その場合には、返済を固定支出として計上し、毎月の総支出が収入内に納めるようにすれば大丈夫です。

借金は膨らみすぎると破綻リスクが高くなりますが、きちんと収入を見越した行動をしていれば、それほど恐れる必要はありません。

ただ、どれだけ計画をきちんとしていても、不測の事態が生じることはありますので、借金のリスクがゼロになることはないと言えます。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 返済が困難になったときに相談しない人が多い
  2. 借金が生活に与える影響
  3. 総量規制で自己破産者はむしろ増える?
  4. 貸出金利の引下げで増えるものって?
  5. 返済期日がない契約もある
  6. 景気後退によるリスク
  7. クレジットカードはできるだけ少なくする
  8. 以前は勤務先の電話が鳴り続けた
  9. 怖い思いをするリスク
  10. 携帯電話料金が跳ね上がるリスク