金利が少し高い業者

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 悪質業者 > 金利が少し高い業者

金利が少し高い業者

ヤミ金融業者にもいろいろなところがありますが、最近多くなっているのが消費者金融崩れの業>者です。

消費者金融業者への法規制が厳しくなり、中小零細の消費者金融業者は商売として成り立たなくなっています

廃業して、その後にヤミ金融業者になるというケースが非常に多くなっているのです

ヤミ金融業者になってしまえば、もう法律を守る必要がありませんので、それだけ商売がしやすいということです。

そうしたヤミ金融業者は、年率30%から50%程度の金利で貸付を行っています。正規の消費者金融業者が年率15%から29.2%で営業していますので、そう大差はないと言えますよね。

でも、経営者からすれば、この差が大きいのです。

特に、中小零細では年率が20%以下になれば経営が成り立たないところがほとんどで、違反した金利分がそのまま利益になるようなものなのです。

利用者のことを考えても、年率1万%のヤミ金融業者に走るよりも、年率40%で借りたほうが良いだろうといった感じです。

こうしたヤミ金融業者では怖い取立もないことが多く、ただ貸出金利だけを少し違反しているということです

そのため、利用者とヤミ金融業者の間でトラブルになることが少なく、摘発される心配も少ないということです。ある意味では健全な資本主義だと言えるかもしれません。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 金利の先払いには注意
  2. 広告と違う話には注意
  3. 株式担保金融の悪質手口
  4. 悪質商法で荒稼ぎした不動産担保金融
  5. 金券屋
  6. 直接交渉で和解することも可能
  7. ヤミ金で人生が破滅することもある
  8. 連れまわされた人もいた
  9. 昔の貸金業者はヤミ金並みの取立だった
  10. ヤミ金融業者従業員に返済させた