ヤミ金から借入しても解決されない

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 悪質業者 > ヤミ金から借入しても解決されない

ヤミ金から借入しても解決されない

多重債務者になる人の典型的なパターンは、借金の返済を新たな借金で埋めるという人です。

これだけ多重債務者や破産件数が増えたのは貸金業者の責任だと言う人がいますが、借金を繰返したほうにもより大きな責任がある言わざるを得ません。

相手がいくら高利の貸金業者だとしても、普通に理由する分には多重債務者になることはありません。

借金の返済のために新たに借金をしてしまう行為が、多重債務者を生むのです

新たに借金をして、それで他の借金の返済をする行為は、返済したとは言えません。実質的には複利で借金をしていることになってしまい、雪だるま式に借金が増えることになるからです。

同じように、ヤミ金融業者から借金をして他社の返済に充てる行為は、返済とは言えません

借金で借金を返済する人は、延滞によって信用情報が悪化することを恐れての行動になるかと思います。

延滞すると自分は破滅だと思っているのかもしれませんが、まったくそうしたことはありませんし、ヤミ金融業者から借入するほうが破滅することになるでしょう。

今月の返済ができない。どこかでお金を借りなければ破綻してしまう。正規の貸金業者ではもう借りられないからヤミ金しかない。そういった思考でヤミ金被害に遭う人が多いです。

でも、ヤミ金融業者から借入して破綻を回避できるのは一時のことで、必ずのように破綻に追い込まれることになるでしょう

破綻しないためにヤミ金融業者からお金を借りるのなら、それはまったく意味が通っていないということです。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 金利の先払いには注意
  2. 広告と違う話には注意
  3. 株式担保金融の悪質手口
  4. 悪質商法で荒稼ぎした不動産担保金融
  5. 金券屋
  6. 直接交渉で和解することも可能
  7. ヤミ金で人生が破滅することもある
  8. 連れまわされた人もいた
  9. 昔の貸金業者はヤミ金並みの取立だった
  10. ヤミ金融業者従業員に返済させた