良い人ほどヤミ金の被害者になる

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 悪質業者 > 良い人ほどヤミ金の被害者になる

良い人ほどヤミ金の被害者になる

ヤミ金融業者の被害に遭う人には、良い人が多いです。これは、私が消費者金融業者で勤務しているときに感じていたことです。

良い人ほどヤミ金融業者の被害に遭ってしまうのは、本当に頂けない話です。

ヤミ金融業者にとってカモとなるのは、第1に支払い能力がある人、第2に良い人、第3に周囲に知られたくない人、第4に自営業者といった感じになります

良い人とは、責任感の強い人だとも言えます。せっかく自分のような多重債務者にお金を貸してくれたのに、自分の努力不足で返済がしっかりとできないと悩んでしまうような人のことです。

真面目な人とも言えますよね。

いい加減な人なら、借りたものは返せないなら仕方がないとなるのでしょうが、真面目な人だと借りたものは必ず返さなくてはいけないとなりますよね。

さらに、ヤミ金融業者の話をすべて鵜呑みにしてしまい、結局のところは騙されていることに気がつかないのです。

良い人だからヤミ金融業者の嫌がらせに耐え、返済しても増えていく一方の借金の返済を続け、弁護士や警察にも相談することができないのです。

ただ、そうした性格はなおしようがないです。やはり、周囲の人が注意深く見ていて相談に乗ることが重要ではないでしょうか

もし、周囲にヤミ金の被害者がいるのなら、助けてあげるようにしてください。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 金利の先払いには注意
  2. 広告と違う話には注意
  3. 株式担保金融の悪質手口
  4. 悪質商法で荒稼ぎした不動産担保金融
  5. 金券屋
  6. 直接交渉で和解することも可能
  7. ヤミ金で人生が破滅することもある
  8. 連れまわされた人もいた
  9. 昔の貸金業者はヤミ金並みの取立だった
  10. ヤミ金融業者従業員に返済させた