自宅を手放さずに住宅ローン破綻する方法もある

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 住宅ローンの悩み 任意売却と競売 > 自宅を手放さずに住宅ローン破綻する方法もある

自宅を手放さずに住宅ローン破綻する方法もある

離婚した夫がローンの返済をせずに 破綻してしまったNさんのケースをご紹介したいと思います。



Nさんは、3人の子供を引き取って離婚します。そして離婚する際には、マンションを貰って子供と一緒に住むこと,住宅ローンは別れる夫が支払うことを求め、夫も これを了承していました。

ところが元夫はローンの支払いをせず、連絡も取れない状況です。すでに滞納期間は6ケ月となっていました。

幸いにも代位弁済はまだされていませんでしたが、任意売却するにも 所有者である元夫の了承がなければ不可能です。元夫が出てくるか 競売になるのを待つしかありませんでした。

そんなある日のこと、Nさんのお父様から「私が購入しても良い。2000万円までなら準備できる」と、思いもよらない嬉しい連絡が入ったのです。

そこで信用保証会社に連絡をし、お父様とは言わずに「購入希望者がいるので任意売却したい」旨を伝え、購入申込書と配分表をファックスします。3日後に「1850万円で良い」との回答が得られました。

ただ、元夫の了承がないので売却できず、半月後には競売開始決定通知書が届きます。

Nさんやお父様には今後の流れが説明されていたので、慌てることなく Nさんは元夫の居場所捜しに奮闘します。そして1ケ月後に見つけ出し、委任状に判を押させることができたのでした。

その後の決済日に元夫が姿を現すことはありませんでしたが、こうした事態を想定して準備できていたので 無事に決済終了です。

そして、そのまま住み続けることができたのでした。



このケースは一種の親子間売買ですが、専門家のテクニックがあってこそです。

ですから、ローン問題で悩みがあるのなら、ぜひ専門家に相談してみてください。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 住宅ローン返済ができない時によってくる悪者
  2. 住宅ローン返済に悩んだ時に相談する相手
  3. 住宅ローンの悩みはひとりで解決できる?
  4. 自宅が競売!メリットとデメリット
  5. 自宅が競売にかけられる!不動産競売の流れ
  6. 住宅ローンが払えない!3つしかない破綻後の選択肢
  7. 競売を回避!任意売却と自己破産して借金を免責にして再起した例
  8. 競売で自宅を手放さない方法。親、親族の協力で買戻した例
  9. 住宅ローンが払えない!危機が訪れたら状況把握が先決
  10. 住宅ローンが払えないときにとりあえずやってみること