競売を回避!任意売却と自己破産して借金を免責にして再起した例

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 住宅ローンの悩み 任意売却と競売 > 競売を回避!任意売却と自己破産して借金を免責にして再起した例

競売を回避!任意売却と自己破産して借金を免責にして再起した例

ローン問題に関しては、まだ大丈夫と思っていても すぐに状況が悪くなるケースも少なくありません。

ここで、たった1年半で事態が悪化し 自己破産してしまったケースをご紹介したいと思います。



2階建てのアパートを所有していたAさん。

各フロア4部屋ずつの8部屋あり、1階の3部屋は家族が使用し、残り5部屋を賃貸していました。

そして、家賃収入は月25万円~30万円。部屋を使用している2人の息子はフリーターのため、賃料を支払っていませんでした。

そのため、毎月の返済額50万円は厳しく、2ケ月も滞納していたのです。

そこで専門家に相談するわけですが、「何とか頑張ってみよう」と その時には専任媒介契約は結びませんでした。

ところが1年半後、事態はますます悪化。5ケ月の延滞で、銀行からは「競売にかける」と言われている状況でした。

さらに、サラ金やカードローンによる借金も 約400万円ありました。

この段階で再び専門家に連絡を入れるわけですが、このときAさんは すでにアパートの任意売却と自己破産を決意していました。

そして、この専門業者とは任意売却専任媒介契約を結び、自宅近くの弁護士も紹介してもらったのです。

債権者側は任意売却に同意し、物件の販売から3ケ月後には3800万円で買い手が決まりました。

他方 自己破産の手続きも滞りなく行われ、3000万円近くあった借金が免責されました。

Aさんは一からの出直しとなりましたが、この破産を切っ掛けに 2人の息子も目を覚まし 職に就いたそうです。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 住宅ローン返済ができない時によってくる悪者
  2. 住宅ローン返済に悩んだ時に相談する相手
  3. 住宅ローンの悩みはひとりで解決できる?
  4. 自宅が競売!メリットとデメリット
  5. 自宅が競売にかけられる!不動産競売の流れ
  6. 住宅ローンが払えない!3つしかない破綻後の選択肢
  7. 競売で自宅を手放さない方法。親、親族の協力で買戻した例
  8. 住宅ローンが払えない!危機が訪れたら状況把握が先決
  9. 住宅ローンが払えないときにとりあえずやってみること
  10. 自宅を手放さずに住宅ローン破綻する方法もある