住宅ローン返済に悩んだ時に相談する相手

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 住宅ローンの悩み 任意売却と競売 > 住宅ローン返済に悩んだ時に相談する相手

住宅ローン返済に悩んだ時に相談する相手

住宅ローンの返済が色々な事情によってできなくなることがありますが、そんな時には自分ひとりで抱えこまずに相談をすることが大切です。
しかし、ここで注意してほしいのが「相談する相手」です。

物知りや信頼できる人と言われて、頭に思い浮かぶ人はいますか?
「はい」という方。実際にその人は専門家であったり、きちんとした知識を持っている人でしょうか。

実は物知りであっても、聞きかじりだったり想像や聞いた話・・・の「物知り」なだけでは逆に鵜呑みにしてしまうと危険な場合があるのです。

ここではちょっとした体験談をご紹介します。
住宅ローンが支払えなくなった結果、マイホームが競売に・・・というHさんの話です。

Hさんはこのことでこれから先どうなるかもわからないし、なにかと不安がいっぱいになり、大学生の時から何かあると相談に乗ってくれるAさんへと相談することにしたのです。住宅ローンが支払えなくなったり、その前にも何度か相談をしようとは思ったけど、会社の倒産や転職、減給などなど・・・毎日疲れているのと現状を話したくないというのもあり、疎遠になっていたのです。でも、このままどうなるんだろうという気持ちは日に日に大きくなっていき、相談をすることにしたのです。

そして相談の結果、Aさんが教えてくれた方法。
「住宅ローンは支払えなくても、そこに住んでるんだし、居住権があれば強制的に追い出しなんてむりだろ。何かあれば、家賃程度の支払いをすれば?」

居住権があるから、競売で落札されても居座ることができるんだ・・・。
すっかりスッキリした気持ちで、悩みが解決した気分でいたHさんのマイホームは競売で数か月後に知らない人が落札。

しかし買受人に、居住権の話をして追い返していていたところ、本当に買受人がなくなったのでAさんに感謝していたところ裁判所より一通の通知が届きました。
その内容は「引き渡し命令」。

そして、それからは強制執行が行われることになって、なんとか退去はしたものの、買受人を追い返した結果が裏目にでてしまい、家賃相当額の損害賠償金や所有権移転前までの管理費や滞納金の立て替え分、強制執行にかかった費用などなど・・・ありとあらゆる費用の訴訟を起こしてきました。こうなってから専門家に泣きついたHさんですが、結果的には買受人にあとは一生懸命対応していくしか方法はありません。

落札後、買受人が数回話をしに来ている時点で正しい知識があれば・・・専門家に相談をしてれば、このような結果にはならなかったはずです。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 住宅ローン返済ができない時によってくる悪者
  2. 住宅ローンの悩みはひとりで解決できる?
  3. 自宅が競売!メリットとデメリット
  4. 自宅が競売にかけられる!不動産競売の流れ
  5. 住宅ローンが払えない!3つしかない破綻後の選択肢
  6. 競売を回避!任意売却と自己破産して借金を免責にして再起した例
  7. 競売で自宅を手放さない方法。親、親族の協力で買戻した例
  8. 住宅ローンが払えない!危機が訪れたら状況把握が先決
  9. 住宅ローンが払えないときにとりあえずやってみること
  10. 自宅を手放さずに住宅ローン破綻する方法もある