住宅ローンが払えない!危機が訪れたら状況把握が先決

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 住宅ローンの悩み 任意売却と競売 > 住宅ローンが払えない!危機が訪れたら状況把握が先決

住宅ローンが払えない!危機が訪れたら状況把握が先決

今のご時勢、ボーナスや給料の減少,あるいは失業なんてことは珍しくありません。

もし こうした危機が現実のものになってしまった場合には、とにかく冷静に対処する必要があります。



しばらく生活できるだけの退職金を受け取れる人は、退職金の一部を住宅ローンに充てることができるので 焦って行動を起こす必要はないでしょう。

また、次の職が見つかるまでに十分な貯蓄がある人の場合にも、焦らずに じっくりと次の仕事を探せるはずです。



しかし、そう楽観できる状況ではない場合もあります。失業時に受け取れる退職金の額が少なかったり、退職金自体がない場合が少なくないからです。

こうした状況では、よほど運よく次の職が見つからない限りは 返済し続けるのは無理があるでしょう。

ただ、マイホームを手放すのは苦渋の決断。そのため、消費者金融や不動産担保ローンなど 高利の借金をしてまで返済し続けようとする人もいるかもしれませんね。

しかし、他に借金をしなければならないというのは、今借りている住宅ローンの返済水準が適正でなくなったということです。

そして今後も、奥様の妊娠によって共働きができなくなるとか お子様の進学で学費の負担が増えるとか、収入に占める住宅ローンの割合は変化していきます。

ですから、その場しのぎの行動を取るのではなく、将来をきちんと見据えた賢明な判断をしてください。



失業給付金について

失業といっても その理由は人それぞれでしょう。

会社の倒産やリストラなど会社都合で退職を余儀なくされた場合もあれば、自らの都合で会社を辞める場合もあります。

そして どんな理由であれ、雇用保険に加入し 条件さえ満たせば、失業給付金を受け取ることができます。

ただ この時、会社都合なのか自己都合なのかでは大きな違いがあります。

会社都合の場合は1週間程度で給付が開始されるのに対し、自己都合の場合には 給付開始までに4ケ月近くかかるのです。

また 給付期間にも違いがあり、会社都合の場合には 330日ですが、自己都合の場合には 150日しかありません(勤続20年以上 45歳以上60歳未満の場合)。

ですから自己都合で退職する場合には、退職金や預貯金があるかどうか すぐに次の職が見つかるかどうかなどを考慮する必要があるでしょう。



なお 会社によっては、求人に関わる助成金の問題やハローワークとの関係を懸念して、会社都合による退職なのに自己都合の退職にさせようとするケースがあります。

もし会社から退職を迫られて 自己都合の退職届を書かされてしまった場合には、その旨をハローワークに伝えるようにしてください。

会社都合か自己都合かを最終的に判断するのはハローワークなので、退職前の勤務状況や職場環境によっては 会社都合として扱ってもらえることがありますよ。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 住宅ローン返済ができない時によってくる悪者
  2. 住宅ローン返済に悩んだ時に相談する相手
  3. 住宅ローンの悩みはひとりで解決できる?
  4. 自宅が競売!メリットとデメリット
  5. 自宅が競売にかけられる!不動産競売の流れ
  6. 住宅ローンが払えない!3つしかない破綻後の選択肢
  7. 競売を回避!任意売却と自己破産して借金を免責にして再起した例
  8. 競売で自宅を手放さない方法。親、親族の協力で買戻した例
  9. 住宅ローンが払えないときにとりあえずやってみること
  10. 自宅を手放さずに住宅ローン破綻する方法もある