弁護士会と司法書士会の役割

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 弁護士と司法書士 > 弁護士会と司法書士会の役割

弁護士会と司法書士会の役割

債務整理をして借金地獄から救ってくれる弁護士や司法書士は、債務者にしてみれば神様みたいなものです。

でも、弁護士や司法書士の中には悪質な人もいますので、それには気をつけなくてはいけません。

各都道府県ごとにある弁護士会や司法書士会では、悪質な行為をしている弁護士や司法書士を見つければ脱会させていますが、積極的に排除しようとはしていない気がします

例えば、債務整理で依頼者の取得した利益を隠し、それを自分のものにする弁護士がいたとします。

依頼者がそれに気がつき、所属する弁護士会に報告しても、奪われた依頼者のお金を取り返してくれるわけではありません。

弁護士会ではその弁護士に質問状を送り、その回答を見て終わりということもあるようです

昔から身内に甘いというのが弁護士会や司法書士会で、別に身内の取締りをしているわけではないということなのです。

警察などが動いて詐欺などで弁護士が起訴されそうになると、脱会させるという感じなので、ある意味では責任逃れですよね。

弁護士会や司法書士会の役割は、悪質な弁護士や司法書士を取り締まることではなく、弁護士や司法書士が円滑に業務を行えるようにするものだと考えましょう

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. ヤミ金から借りているなら弁護士に
  2. 状況によって弁護士を選ぶ
  3. 債務整理で大混雑する
  4. 司法書士はいずれ苦しくなる
  5. 整理屋と弁護士の違い
  6. すぐに辞任すると言う弁護士
  7. 本物かどうかの見分けがつかない
  8. 司法書士の苦情増加
  9. 債務整理は弁護士か司法書士しかできない
  10. 債務整理のスピードは弁護士次第