債務整理は弁護士か司法書士しかできない

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 弁護士と司法書士 > 債務整理は弁護士か司法書士しかできない

債務整理は弁護士か司法書士しかできない

債務整理は本人以外では、弁護士か認定司法書士しか行なってはいけいことになっています

弁護士か認定司法書士の資格を持っていない人が債務整理をすれば、それは越権行為となり、処罰の対象となりますので注意しましょう

例えば、私は消費者金融業者に勤務経験があり、そこでの債務整理の経験も豊富です。任意整理だけでなく特定調停や自己破産、個人再生の仕方も知っています。

どのぐらいの状況になれば破綻するのか、どのようにすれば再建できるのかなど、多分弁護士や司法書士よりもよく知っていると思います。

でも、私が事務所を作って債務整理を請け負い始めたら、それは法律違反で罰せられることになるのです。

医師免許のない人が医療行為をすると罰せられるのと同じで、債務整理をするには資格が必要ということなのです。

簡単に言えば自動車運転免許ですね。自動車を運転できる人でも、免許を持っていなければ運転してはいけないのと同じです。

インターネット上では、弁護士でも司法書士でもない人が、債務整理をしますと謳ったサイトが多数ありますが、それらは違法です

ただ、これはお金をもらってやってはいけないということで、無償で行う分には罰せられることはありません。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. ヤミ金から借りているなら弁護士に
  2. 状況によって弁護士を選ぶ
  3. 債務整理で大混雑する
  4. 司法書士はいずれ苦しくなる
  5. 弁護士会と司法書士会の役割
  6. 整理屋と弁護士の違い
  7. すぐに辞任すると言う弁護士
  8. 本物かどうかの見分けがつかない
  9. 司法書士の苦情増加
  10. 債務整理のスピードは弁護士次第