弁護士本人に相談しよう

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 弁護士と司法書士 > 弁護士本人に相談しよう

弁護士本人に相談しよう

弁護士や司法書士によっては、債務整理に関するすべてを事務員に任せている場合があります

債務整理をすることができるのは弁護士か司法書士だけですが、場合によってはそこで働く事務員が行うことも一応は許されています

ただ、弁護士や司法書士の監督のもと、経験豊かな事務員が行うことが前提です

弁護士や司法書士の中には、忙しいという理由から、債務整理のすべてを事務員に押し付けていることもあります。

いかに経験豊かな事務員だとしても、別に弁護士の資格や司法書士の資格を持っているわけではありません。

そうすると、どこかで間違いを犯すこともあるかもしれません。事務員が債務整理をするからといって、料金をまけてくれるわけでもないですよね。

料金分は弁護士や司法書士に仕事をしてもらわないと、損というものです。

また、整理屋は弁護士や司法書士が名義だけを貸して在籍しておらず、事務員だけで運営しています。

整理屋に引っかからないためにも、きちんと弁護士や司法書士本人と対面して、相談したほうが良いでしょう。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. ヤミ金から借りているなら弁護士に
  2. 状況によって弁護士を選ぶ
  3. 債務整理で大混雑する
  4. 司法書士はいずれ苦しくなる
  5. 弁護士会と司法書士会の役割
  6. 整理屋と弁護士の違い
  7. すぐに辞任すると言う弁護士
  8. 本物かどうかの見分けがつかない
  9. 司法書士の苦情増加
  10. 債務整理は弁護士か司法書士しかできない