債務整理の方針は最終的には本人が決める

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 弁護士と司法書士 > 債務整理の方針は最終的には本人が決める

債務整理の方針は最終的には本人が決める

自己破産か個人再生か、特定調停か任意整理かは、自分一人で決断するのは良くありませんが、弁護士や司法書士に相談した後には、自分で決めなくてはいけません

弁護士や司法書士はあくまでも代理人であって、依頼者の支持がなければ勝手には行動できません。

代理人は依頼者から頼まれたことをするだけのもので、自分の判断で物事を決めてはいけないのです。

ただ、債務整理に関して言えば、債務者よりも弁護士や司法書士のほうがはるかに知識や経験を持っていますので、すべてお任せにする人が多くいます

弁護士や司法書士の判断で債務整理を進めてくださいということです。

しかし、弁護士や司法書士にとっては、依頼者からすべてお任せにされるのが1番嫌だと思います。

そうした人に限って後からいろいろと文句を言ってくることが多いからです。

少なくとも、自己破産、個人再生、特定調停、任意整理といった方針だけは依頼者が決めるようにしましょう

借金が返せなくなって債務整理をする人というのは、どこか人任せで自分で責任をとらない人が多いです。

ここでも他人任せの態度でいるようだと、その後の人生でまた同じ過ちを繰り返すことになるかもしれません。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. ヤミ金から借りているなら弁護士に
  2. 状況によって弁護士を選ぶ
  3. 債務整理で大混雑する
  4. 司法書士はいずれ苦しくなる
  5. 弁護士会と司法書士会の役割
  6. 整理屋と弁護士の違い
  7. すぐに辞任すると言う弁護士
  8. 本物かどうかの見分けがつかない
  9. 司法書士の苦情増加
  10. 債務整理は弁護士か司法書士しかできない