弁護士報酬の種類

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 弁護士と司法書士 > 弁護士報酬の種類

弁護士報酬の種類

いざ債務整理を弁護士や司法書士に依頼すると、後は弁護士や司法書士がトントン拍子に借金問題を解決していってくれます。

債務整理については、弁護士や司法書士にお任せしておけば、何も心配することはないと思います。

債務整理をしようとする債務者に、何か心配事があるとすれば、それは弁護士や司法書士に支払う報酬だと思います

弁護士や司法書士に受任してもらえば、債権者からの督促は一斉に止まります。しかし、今度は弁護士や司法書士に支払いをしなければいけませんので、支払いが完全になくなるというわけではないですよね。

ところで、弁護士や司法書士への報酬内容にはいくつかの種類がありますので、しっかりと理解して、不当な請求を受け付けないようにしなければいけません。

弁護士や司法書士の報酬には、相談料、着手金、成功報酬、鑑定料、手数料、日当、顧問料などがあります

債務整理では、相談料と着手金、成功報酬が基本になりますが、裁判で債権者と争った場合には日当が発生することになり、財産を処分する場合には鑑定料や手数料といったものが発生することがあります。

弁護士や司法書士からの請求には、必ず細かい明細をつけてもらい、自分でチェックして納得してから支払うようにしたほうが良いでしょう。

弁護士や司法書士の費用は曖昧な点がありますので、できれば始めにきちんと確認しておくべきだと思います。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. ヤミ金から借りているなら弁護士に
  2. 状況によって弁護士を選ぶ
  3. 債務整理で大混雑する
  4. 司法書士はいずれ苦しくなる
  5. 弁護士会と司法書士会の役割
  6. 整理屋と弁護士の違い
  7. すぐに辞任すると言う弁護士
  8. 本物かどうかの見分けがつかない
  9. 司法書士の苦情増加
  10. 債務整理は弁護士か司法書士しかできない