自己破産をするにもお金がかかるって本当?

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 自己破産Q&A > 自己破産をするにもお金がかかるって本当?

自己破産をするにもお金がかかるって本当?

自己破産をするにもお金がかかります。

自己破産に必要な費用は
処分する財産がない、同時廃止事件の場合
・ 予納金、印紙代など2?3万円

破産管財人が選任された管財事件の場合は
・ 破産管財人の報酬 20?50万円

と、なります。
このほか弁護士費用 20?50万円
または、司法書士費用 15?40万円が必要です。

これらの費用を工面するのが難しい場合には
民事法律扶助制度を利用したり
弁護士費用等を分割で支払うなどの方法があります。
まずは司法書士に相談してみるといいでしょう。

ただし、収入印紙代・予納郵便代(切手代)・予納金などの
破産申立費用だけは立替などの制度がありませんので
何かしらの方法で工面する必要があります。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. お金を借りた人に悪いような気がして自己破産しづらい
  2. 自己破産の手続きは専門家にすべて任せていいの?
  3. 自己破産の申し立て直前の借り入れは心証を悪くするの?
  4. 公務員でも自己破産できるの?
  5. 自己破産をしたあとの借金ってどうなるの?
  6. 自己破産すると保証人に迷惑がかかるの?
  7. 自営業だけど、自己破産したら廃業しなきゃダメなの?
  8. 自己破産して免責を受けたら借金が全部帳消しになるの?
  9. 自己破産したら家財道具はどうなるの?
  10. 自己破産のメリットって何?