貸金業者は顧客が完済しないように頑張る

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > お金を借りる基礎知識 > 貸金業者は顧客が完済しないように頑張る

貸金業者は顧客が完済しないように頑張る

貸金業者は厳しい取立行為がマスコミによって明るみになったように、貸し倒れを防ぐために度を越すぐらい一生懸命になって借金の回収に励んでいます。

そのため、世間の人は貸金業者が借金を完済させるため、躍起になっているという印象を持っていると思います。

でも、実はその逆で、貸金業者は借金を完済されないように一生懸命頑張っているのです

え、本当?

これが本当の話で、貸金業者はお金を貸しても1年や2年で完済されると、今の金利水準ではとても利益が出せないのです。

貸金業者の規模を見るのに貸付残高というものがあります。貸付残高とは、貸し出しているお金の総合計のことで、貸金業者の利益となる収入利息は、この貸付残高の多さに比例していきます。

新規顧客を獲得すれば貸付残高が増加しますが、完済する人がいると貸付残高が減少してしまいます。

貸金業者はいかに新規顧客を増やすかと、いかに完済する人を少なくするかを永遠のテーマとして営業しているのです。

貸金業者は支店ごとに目標とする貸付残高があるはずです。利用者が店頭に行って完済を告げると、笑顔で対応してくれる貸金業者の女性社員も、内心では泣いているということなのです。

また、某大手の悪質な貸金業者は、何だかんだと理由をつけて、完済をするために来店した利用者を追い返すということも、日常的にあったようです。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 借りようとしている貸金業者は登録業者かどうかを必ず確認する
  2. ゆうゆうローンは継続して利用するものではない
  3. サラ金で借りる前に質屋を利用できないか考える
  4. 【福祉医療機構】年金を担保に融資してもらえる合法機関がある
  5. 医療費を工面する場合は高額医療費融資制度を利用する
  6. 保有している証券を担保にお金を借りる方法~証券担保ローン
  7. 生命保険を担保にして低金利でお金を借りる方法~契約者貸付制度
  8. 滞納すると遅延損害金を支払わなければならない
  9. 滞納してないのに利用限度額が減額されることもある
  10. 融資限度額を増額するタイミングが遅くなってきている