結婚や子作りが消極的になるリスク

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 借金とリスク > 結婚や子作りが消極的になるリスク

結婚や子作りが消極的になるリスク

多額の借金があると、どうしても結婚や子作りに積極的にはなれません。借金があれば誰だって将来が不安になりますよね。

将来どうなるかわからないのに、結婚や子作りなど考えられないということです。それに、パートナーも不安を共有することになりますよね

借金があれば、未来の予定を立て難いと言えます。借金の返済は削ることができない支出であり、お金がないときには支払いを拒否できるというものではありません。

また、借金は返済期間が長くなればなるほど金利の負担が重くなります。そのため、できるだけ返済期間を短くしなければなりません。

返済期間が短くするためには、返済日に可能な限りの返済をすることです。

それは、お金に余裕があるときがなくなるということで、多額の借金があれば普段から貧乏生活を余儀なくされるのです

また、借金があれば貯金はゼロのはずです。貯蓄がまったくないのですから、将来的に不安でないはずがないですよね

考えてみてください。結婚を申込まれた相手に、多額の借金があったらどうしますか?

いくら相手のことが好きでも、「まずは借金を返してから」と言いますよね。

多額の借金を抱えているのに新たに子供が生まれるとなると、生活は今まで以上に厳しくなります。生活できるならまだ良いですが、下手をすると生活自体が危うくもなりますよね。

借金は結婚や子作りなどを制約されるリスクがあると思ってください。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 返済が困難になったときに相談しない人が多い
  2. 借金が生活に与える影響
  3. 収入を見越して行動する
  4. 総量規制で自己破産者はむしろ増える?
  5. 貸出金利の引下げで増えるものって?
  6. 返済期日がない契約もある
  7. 景気後退によるリスク
  8. クレジットカードはできるだけ少なくする
  9. 以前は勤務先の電話が鳴り続けた
  10. 怖い思いをするリスク