見栄っ張りになるリスク

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 借金とリスク > 見栄っ張りになるリスク

見栄っ張りになるリスク

借金をする理由にはいろいろあります。家族の治療費のため、事故の解決金、子供の教育費、生活費、ギャンブル資金、旅行費用、買い物費用などがありますよね。

借金をする人の中には、自分の見栄のために借金をする人がいます。周りの友達がブランドバックを持てば、自分も負けずに持ちたいと思う人は多いですよね。

高級車を買えるだけの経済力がないにもかかわらず、借金をして購入する人もいます。

意中の異性の気を惹くために、借金をしてプレゼントをすることも見栄の一種になるかと思います。

人間は自分を他人に良く見せたいと思う動物です。

お金があれば自分を良く見せることができるのは疑いようがないですよね。

借金をすると、自分の経済力を超えたお金をてにすることができます。そのため、借金をすることで自分を良く見せることも可能とうことです。

自分のお金なら見栄を張るのは限界がありますが、借金で見栄を張るようになると切がありません。

借金をして自分が持てる以上のお金を持つと、どんどん見栄っ張りになる人がいますので、気をつけなくてはいけません

見栄っ張り自体が悪いことだとは言いませんが、借金をして見栄っ張りになるのは悪いことだと言えます。

見栄で借金をすれば、かなりの確率で返済ができなくなるからです。1度見栄を張るともうそれをやめることができないですよね。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 返済が困難になったときに相談しない人が多い
  2. 借金が生活に与える影響
  3. 収入を見越して行動する
  4. 総量規制で自己破産者はむしろ増える?
  5. 貸出金利の引下げで増えるものって?
  6. 返済期日がない契約もある
  7. 景気後退によるリスク
  8. クレジットカードはできるだけ少なくする
  9. 以前は勤務先の電話が鳴り続けた
  10. 怖い思いをするリスク