将来が不安になるリスク

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 借金とリスク > 将来が不安になるリスク

将来が不安になるリスク

多額の借金を抱えると、普通の人なら将来が不安になります。借金がなくても老後の心配をする人がいるぐらいなので、借金があれば不安になるのは当たり前ですよね。

多額の借金があると、働いてお金を得ても一向に懐が膨らみません。節約を頑張っても一向に貯蓄ができません。

右から入ってきたお金を左に流すようなもので、何をしても借金が減るだけで潤うことがありませんので、不安が消えないのです

ただ、借金はどこかから降って沸いてきたものではありません。多くの場合は、自分が使ったお金を返しているに過ぎません。

借金は、将来手にする予定のお金を、先に使ってしまったというだけでなのです。

将来手にする予定のお金をもう使ってしまっているのですから、将来が不安になるのは当たり前ですよね。

将来が不安だと、生きる気力をなくす人もいます。これは別に自殺するという意味ではありませんが、何に対しても否定的な考えをしてしまい、人間らしい生活を送れない可能性はあるでしょう

借金生活を楽しいと感じる人はいないはずです。借金があれば楽しい生活を送ることができないのですから、これはとても嫌ですよね。

人生の大半が借金人生だったなんてことにでもなれば、その人は決して幸せとは言えないでしょう

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 返済が困難になったときに相談しない人が多い
  2. 借金が生活に与える影響
  3. 収入を見越して行動する
  4. 総量規制で自己破産者はむしろ増える?
  5. 貸出金利の引下げで増えるものって?
  6. 返済期日がない契約もある
  7. 景気後退によるリスク
  8. クレジットカードはできるだけ少なくする
  9. 以前は勤務先の電話が鳴り続けた
  10. 怖い思いをするリスク