大手で断られても中小の消費者金融業者を利用してお金を借りる方法

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 借金解決法 > 大手で断られても中小の消費者金融業者を利用してお金を借りる方法

大手で断られても中小の消費者金融業者を利用してお金を借りる方法

利息制限法で定められている上限金利を超えると、その金利はすべて無効になります。そのため、年率29.2%の中小の消費者金融業者で借りようとも、年率18%の大手消費者金融業者で借りようとも、最終的に金利負担は同じになります

消費者金融の貸付審査の基準は、金利が高いほど緩くなり、金利が低いほど厳しくなります。

でも、金利の高いところで借入れしても、最後に過払い金返還請求をすれば結局、大手消費者金融業者と同水準の金利で借りたことになります。

大手消費者金業者は利息制限法の上限金利で貸付しています。つまり、法律が認める最大の金利を請求しているということです。

中小の消費者金融業者から29.2%の金利で借り入れても、大手消費者金融業者が貸付している金利を超えた部分は無効になり、返還を受けることができます。

過払い金返還請求を前提に借入れすれば、中小の消費者金融業者の審査基準はとても魅力的だと言えるでしょう

消費者金融でお金を借りるときには、どこで借りても金利は一緒になると考えても良いのです。

お金を借りる際には金利が気になるところですが、今後は金利を気にしないで、その他のサービス面で借入先を選ぶと良いということです。

ただ、過払い金返還請求は一般的になったとはいえ、弁護士や司法書士に依頼しなければならないケースが多く、その費用は無料ではありません。

過払い金返還請求の費用を考えると、やはり大手の消費者金融業者だけを利用した方が良いのかもしれませんね。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 借金を「返さず」に解決する方法を考えても恥ではない
  2. 闇金融に追い詰められて自殺するとどうなる?
  3. 死んでしまえば借金を解決できるのか・・・
  4. 借金の取立てを挑発してワザ一発殴られて損害賠償請求する方法
  5. 借金が返せないなら、各社毎月1000円だけ払い続けてお茶を濁す
  6. ムチャな条件を提示して任意整理交渉を長期化させる/借金解決のウラ技
  7. 悪質な借金取り立てを訴えて慰謝料を請求し、それを返済にあてる方法
  8. 過剰貸付を訴えて慰謝料を請求し、それを借金返済にあてる方法
  9. ヤミ金融から借り入れて正規の貸金業者をすべて完済する悪質技
  10. コツコツと借金を返済するのは意外と難しい。返せるときに一気に返そう