ムチャな条件を提示して任意整理交渉を長期化させる/借金解決のウラ技

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 借金解決法 > ムチャな条件を提示して任意整理交渉を長期化させる/借金解決のウラ技

ムチャな条件を提示して任意整理交渉を長期化させる/借金解決のウラ技

あまりお勧めはできませんが、任意整理で長期放置するという借金の解決法があります。これは放置することになりますので、実際には解決するとは言えませんが、放置され続ければ実質的に督促を受けることもなく、借金を払うこともありません。

方法としては、まずは弁護士か司法書士に任意整理を依頼します。任意整理とは債権者と債務者が話し合いで和解することですが、交渉においては債務者の方が有利になります。

債権者は貸したお金を返してほしいのですが、その主導権を債務者側に握られています。どれだけ払うか、いつまでに払うかなどは、債務者に選択権があるのです

債権者がいつまでにいくら払ってほしいと言っても、債務者が従わなければ意味がありません。お金を払うのは債務者であり、返済を前提とした和解交渉においては債務者が圧倒的に有利なのです。

そこで、債権者がとても応じられない和解内容を提示するのです。和解がまとまりませんので、債権者は債権を放置するしかありません。

例えば、借金が100万円あったとします。これを20万円で和解したいと弁護士に伝えます。この条件で債権者が和解に応じればラッキーですし、応じなくても長期放置になりますので、実質的には支払いを逃れることになります。

実際、こういったケースはたまにありました。債務額の5分の1や10分の1で和解してほしいと債務者側から言われたことがあります。とてもその条件では和解できませんので断りますが、そこからどうすることもできませんでした。

新しい和解条件を提示しても債務者側が応じませんので、交渉のしようがありませんでした。長期放置され、そのまま忘れられていくのです。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 借金を「返さず」に解決する方法を考えても恥ではない
  2. 闇金融に追い詰められて自殺するとどうなる?
  3. 死んでしまえば借金を解決できるのか・・・
  4. 借金の取立てを挑発してワザ一発殴られて損害賠償請求する方法
  5. 借金が返せないなら、各社毎月1000円だけ払い続けてお茶を濁す
  6. 大手で断られても中小の消費者金融業者を利用してお金を借りる方法
  7. 悪質な借金取り立てを訴えて慰謝料を請求し、それを返済にあてる方法
  8. 過剰貸付を訴えて慰謝料を請求し、それを借金返済にあてる方法
  9. ヤミ金融から借り入れて正規の貸金業者をすべて完済する悪質技
  10. コツコツと借金を返済するのは意外と難しい。返せるときに一気に返そう