事業で作った借金も個人再生できるの?

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 個人再生Q&A > 事業で作った借金も個人再生できるの?

事業で作った借金も個人再生できるの?

個人再生は以下の2種類があります。
・小規模個人再生
再生計画案に対する不同意が全ての貸主の半数未満で、
かつその貸金が貸金全額の1/2以下の場合に可決される
・ 給与所得者等再生
貸主が反対しても裁判所は再生計画案を認可できるが、
小規模個人再生よりも返済額が増えることがある

個人で作った借金の範囲は「自分の名義であること」です。
ですから、会社名で借り入れをしたものは個人の借金とはなりません。
しかし、事業で作った借金でも個人名義や屋号の借金であれば
小規模個人再生を行うことができます。

ただし、いずれも負債総額が5000万円以下で
継続または反復して収入がある、もしくは見込みがあることが
条件となります。
給与所得者等再生では、更に収入の変動の幅が
少ないことが条件となります。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 個人再生の期間中に返済ができなくなったらどうなるの?
  2. 個人再生をしても家族に迷惑はかかりませんか?
  3. 個人再生をすると知人や同僚に知られてしまう?
  4. 個人再生できない職業ってあるの?
  5. 年金生活でも個人再生できる?
  6. アルバイトでも個人再生手続きってできる?
  7. 個人再生は返済能力が試されるって本当?
  8. 個人再生するならマイホームや車を手放さなきゃダメ?
  9. ギャンブルが理由でも個人再生できる?