個人再生できない職業ってあるの?

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 個人再生Q&A > 個人再生できない職業ってあるの?

個人再生できない職業ってあるの?

自己破産をすると免責の決定が出るまでの間
就業できない職業というものが定められています。

たとえば、弁護士や司法書士、税理士、行政書士、宅地建物取引主任者。
生命保険外交員、警備員や質屋、古物商、競馬の騎手など
100以上の職業が規定されています。

また、自己破産をすると叙勲の対象から外れてしまいます。
(既に受けているものは受けるまで勲位が停止します)

しかし個人再生では職業上の制限などは一切ありません。
どなたでも安心して手続きを進めることができます。

ちなみに自己破産ですが配当すべき財産がない
個人の場合はほとんど申し立てと同時に廃止決定され
免責が受けられますから職業上の制限もとても短いものです。

いずれにせよ司法書士とまずはよく相談してみましょう。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 個人再生の期間中に返済ができなくなったらどうなるの?
  2. 個人再生をしても家族に迷惑はかかりませんか?
  3. 個人再生をすると知人や同僚に知られてしまう?
  4. 年金生活でも個人再生できる?
  5. アルバイトでも個人再生手続きってできる?
  6. 個人再生は返済能力が試されるって本当?
  7. 事業で作った借金も個人再生できるの?
  8. 個人再生するならマイホームや車を手放さなきゃダメ?
  9. ギャンブルが理由でも個人再生できる?