個人再生の期間中に返済ができなくなったらどうなるの?

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 個人再生Q&A > 個人再生の期間中に返済ができなくなったらどうなるの?

個人再生の期間中に返済ができなくなったらどうなるの?

個人再生手続きが許可され、計画通りに返済を続けていても
不可抗力により返済が難しくなることがあるかもしれません。

たとえば、病気で一時的に働けなくなったとき。
個人事業者が景気の変動などで売り上げが激減してしまったとき。
勤務先の倒産や、業績不振による給与の減額などなど。

給与が減ってしまえば当然返済が難しくなります。
そんなときは黙って滞納するのだけは絶対にやめましょう。
まずは司法書士に相談して下さい。

個人再生ではやむを得ない事情の場合に限り
2年間を超えない範囲で返済の延長をすることができます。

また、返済総額の3/4以上を既に支払っているときは
一定の条件を満たすことで「ハードシップ免責」という
救済措置を受けることができます。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 個人再生をしても家族に迷惑はかかりませんか?
  2. 個人再生をすると知人や同僚に知られてしまう?
  3. 個人再生できない職業ってあるの?
  4. 年金生活でも個人再生できる?
  5. アルバイトでも個人再生手続きってできる?
  6. 個人再生は返済能力が試されるって本当?
  7. 事業で作った借金も個人再生できるの?
  8. 個人再生するならマイホームや車を手放さなきゃダメ?
  9. ギャンブルが理由でも個人再生できる?